2015年を振り返って(3月度編)

12月になると隠居G3にも野暮用が出て来ることがあります。

また、この月は何故か野鳥が写せない月でもあります。

従って、貼り付ける写真が不足して来ます。

そこで、毎年12月になると1年を振り返って見ることにしています。

一度アップした写真が殆どですが、お付き合い願えれば幸いです。

 3月に入ると、寒さが緩む日がありました。

そんな日は、標高600mの公園に出掛けました。

しかし、寒い日は里山で探鳥しました。

公園では鳥友さんから教えて貰ったポイントでマヒワを何度か写しました。

ミヤマホオジロを写したのも公園でした。

 里山では朽ちた倒木の上に乗ったビンズイを写すことが出来ましたが、背景のホトケノザとのコラボとなりました。

ノスリが木の枝に止まっているので写したのですが、電線、電柱ノスリしか写したことのなかった私にとって新鮮な感じの1枚になりました。

①マヒワ

d0334291_19365112.jpg
②マヒワとアトリ
d0334291_19370616.jpg
③ミヤマホオジロ
d0334291_19373441.jpg
④ビンズイ
d0334291_19374833.jpg
⑤ノスリ
d0334291_19380320.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2015-12-23 07:00 | 野鳥 | Comments(16)
Commented by yuugesyou at 2015-12-23 08:41
itohnori2さん おはようございます。
今年も残り僅かとなりましたね。 年の瀬を迎えると あれもこれもと忙しいですね。
一年を振り返ると いろんな事が思い出されます。 目的の鳥が撮れて嬉しかったことや
空振りに終わってションボリと帰って来てこともありました。
itohnori2さんは沢山の出遭いと収穫が有ったことでしょうね!枝止まりのノスリは好かったですね。
Commented by at 2015-12-23 09:10 x
こんにちは、ブログ拝見しました。一年を振り返り思い出写真を。流石鳥撮り先生お見事です。私は仕事で重いカメラを振り回し肩を痛めた事が悔やまれますね。今は軽いコンデジを、リミックスのFX200にテレコンを着けて使ってますf2.8でいいですよ。嶺
Commented by true-clear at 2015-12-23 09:27
おはようございます。
色の地味な鳥は、緑やお花と一緒に撮れると嬉しいですね。
ノスリが木に止まっている所は一度も見た事が無いです。
トビはしょっちゅう見るんですけど。(^^;)
お花と小鳥、紅葉と小鳥、素敵ですねぇ。
春先に、梅と何かの小鳥を撮ってみたいです。
ありがとうございました。
Commented by rabbitjump at 2015-12-23 09:48
1枚目の風景が素敵です。
松ぼっくりと松の枯れた枝の並んだところ、
マヒワの可愛さが引き立ちますね。
手前と後ろのぼかしが
とっても効いているように思います。

精悍なノスリの姿が自然の中で
一段とひきたって見えます。
引き込まれる野鳥の一人です^^
itohnoriさ~ん、
外は寒くてもお写真の腕はホット!
冴えわたりですね(*^^)v
また日本画にしたい優秀お写真
たくさんありです,ニコッ!
Commented by mitiko-aran at 2015-12-23 10:31
itohnoriさん
おはようございます
落ちたマッボックリと、マヒワって!似合いますね
二枚目の水浴中のアトリの横顔、凄く可愛いわ、
ビンズイのバックのホトケノザの群生、枯れ古木の舞台も
素適ですね、春ダ!と感じます
最後のノスリ、精悍な顏付ですね、一年を振り返るって!
楽しいですね
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:15
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 いつも暇な積りですが、それでも年末になると何かと野暮用が出来て来ます。
1年を振り返って最大の出来事は、例の場所でyuugesyouさんと初めて出会い、その後お付き合いして頂くことになった事です。
その後、例の場所は立ち入れなくなって残念でしたが、来年は解禁されると良いですね。
ノスリはいつも電柱か電線に止まっています。
枝止まりはこれが初めてでしたので、ショボイ写真でも新鮮に感じました。
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:15
嶺さん、ありがとうございます。
 初心者に先生とは、穴があったら入りたい気持ちです。
地元にいる野鳥を写して暇つぶししているだけ、知識も経験もありません。

 f2.8とは明るいレンズですね。
調べて見ると、600mm相当でf2.8と驚異的ですね。
テレコンつけて1000mm相当でf4.0と言うのも魅力です。
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:15
true-clearさん、ありがとうございます。
 地味な鳥も花や紅葉と一緒に写すと絵になりますね。
春先には梅とメジロのコラボが写せるのではないでしょうか。
桜とメジロも写せそうですね。
メジロの緑と薄いピンクの花のコラボは似合いますね。

 マイフィールドでは猛禽はノスリとトビくらいしか見られません。
そのノスリも電線に止まっていることが多いです。
御地ではノスリは見られないですか?
何処にでもいる野鳥の様に思うのですが。
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:16
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 1枚目はかなり遠かったのですが、何とかピントが合ってくれました。
赤松林の中でしたので、周囲の色がマヒワの捕色に近くて、ラッキーでした。

ノスリはいつも電線に止まっているのを見ていたのですが、この時は枝に止まっていて新鮮な感じがしました。
拙い写真ですが、これを参考に日本画を描いて頂ければとても嬉しいです。
よろしくお願い致します。
過分のお褒め頂きまして大変嬉しく励みになります。
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:16
mitikoさん、ありがとうございます。
 お忙しい中、訪問頂きまして感謝しております。
コメント欄閉じておられますが、藪椿が素敵ですね。
大好きな花なので、暫し見惚れてしまいました。
コゲラも上手いですね。
私は形を整えることさえ出来ません。
お写真の様に描けたら良いなぁとつくづく思います。

 1年間を振り返って見ると、珍しい野鳥はいないのですが、いろいろな野鳥を写していたことが分かりました。
殆どが、地元の市の中に飛来したものです。
私が故郷にもこんなに野鳥がいるのかと、改めて認識しました。
しかし、昔から野鳥を見ている人と話をすると少なくなったと嘆いています。
Commented by 4416_yumeoibito at 2015-12-23 19:32
こんばんは!
今日は、コチョウゲンボウの出が良くて帰宅が遅くなって出遅れました!
1年を振り返ると、いろいろと撮っていらっしゃいますね。
私は、マヒワもビンズイも撮れませんでした。
花絡みのビンズイが秀逸だと思いました。

私の場合はカレンダーを作ることで1年を振り返ることになりますが
今年も伊香保には、だいぶお世話になっています。
来年も立ち入り禁止だと、どこか新しいポイントを探さないとなぁ。
Commented by itohnori2 at 2015-12-23 19:50
yumeoibitoさん、ありがとうございます。
 コチョウゲンボウの出が良かったのですね。
それは楽しい撮影になったのでしょうね。
私は見たこともない珍しい野鳥がいつでも写せるとは羨ましい限りです。
今年は少し慣れたのでしょうか。
種類だけは多い様に思います。
ビンズイは毎年近くで写せるのですが、舞台が良くないことが多いです。
この時は運よく絶好の舞台に立ってくれました。

 例の場所は、バーダーに対する誤解だとすると、来年も危ないですね。
来春になったら、適当な時期に様子を見に行きますので、状況をお知らせ致します。
Commented by ironsky at 2015-12-23 21:16
こんばんは。
12月は、何かと忙しいですね。
私の場合は、飲み会で忙しい。(笑)
3月にはいろいろな野鳥が登場。
素晴らしフィールドです。
Commented by itohnori2 at 2015-12-24 10:15
Ironskyさん、こんにちは。
 飲み会でお忙しいとは羨ましいです。
私の場合は胃腸が弱いので、飲むのは控えていますし、飲み会をやる仲間もいないです。
胃腸が丈夫な人は良いなぁとつくづく思います。

 頻繁に歩き回ると、何か野鳥が写せる。
田舎暮らしは不便なところが多いですが、それだけが利点ですね。
Commented by wisteria at 2015-12-24 12:43 x
itohnoriさん、こんにちは。

キクイタダキ 、前回とイメージが・・・コツの判ってる人は出会える確率が大きいんでしょうね!
今シーズン、出会えるでしょうか(^^ゞ
Commented by itohnori2 at 2015-12-24 20:40
wisteriaさん、今晩は。
 キクイタダキはシジュウカラなどに混じっていることがあるので、先ずカラ類の群れを探します。
そして、その中で一番小さい鳥を狙って写します。
名前
URL
削除用パスワード


<< 隣の市の公園にプチ遠征 救いのアオゲラ >>