ルリビタキ

 近くの里山では、今季はルリビタキの数が少ない様に思います。

例年、山道を2kmくらい歩くと、ルリビタキの縄張りが幾つもあったのですが、今年は2カ所しか確認出来ていないです。

今回、アップするルリビタキも安定して写せません。

しかし、写せる時はかなり近づけて、私を侵入者として警戒している様にも見えます。

そして、昨年はこの縄張りにいたのは、もっと色の薄いルリビタキでしたが、少し濃い様に感じます。

昨年なかった、眉班も少しある様に見えます。

同じ個体とすると少し成長して戻って来たのかも知れません。


d0334291_19354276.jpg

d0334291_19355796.jpg

d0334291_19361266.jpg

d0334291_19363636.jpg

d0334291_19365275.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2016-02-05 07:00 | 野鳥 | Comments(18)
Commented by yuugesyou at 2016-02-05 07:32
itohnori2さん おはようございます。
ルリビタキとの素晴らしい出逢いがありましたね。
こちらでも 今季は冬鳥の数が少ないような気がします。
少なくても何とか撮れれば好いですよね。
以前 野鳥の観察で 同じルリビタキが3年続けて
入って来たのを確認しました。
殆どの鳥が同じ場所へ帰って来るみたいですね。
Commented by mitiko-aran at 2016-02-05 08:15
itohnoriさん
おはようございます
寒さでしょうか?フックラ膨らんだ姿はあ
一段と可愛いですねルリビタキの瑠璃色って!
大好き、見させて頂いただけで
幸せ気分を味わえます
3番からの、片手上げて、サァ!飛ぶわよ~~♪
から、着地まで、動きが有り、素敵な場面ですね
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-02-05 08:25
おはようございます!
今季はルリビタキの数が少ないですか。
当地では、いつもは2個体くらいしか見られませんが、
今季は一ヵ所で3個体くらいいるので、そちらのルリが
こっちで遊んでいるのかも知れませんね(笑)
1枚目と最後の作品が素敵だと思いました。
特に最後の作品は解像度も良いですし、
ちょっと周辺がぼけてしまったのが残念ですが
背景も味があって素敵だと思いました。
Commented by true-clear at 2016-02-05 09:20
おはようございます。
こあたしはルリビタキを年に1~2回ぐらいしか見た事が無いので、
多いとか少ないとかは解らないのですが、
水鳥はとても少ないです。
気象の加減もあるのでしょうか。
小鳥は今期、ルリビタキもジョウビタキもメスしか見ていませんから、
色の綺麗なオスを見たいです。
4枚目のような瞬間が撮れるととても嬉しいので、いつまでも大切に持ってたりします。*^^*
ありがとうございました。
Commented by at 2016-02-05 09:41 x
おはよう、ございます。そちらでもルビの出が悪いですか。此ちらではカワセミさん狙いでルビを。此の所ハチジヨオツグミが出始めました。今日は取材でダイヤモンド富士山を。嶺
Commented by rabbitjump at 2016-02-05 14:13
itohnoeiさんの細かい観察力(*^_^*)
きっと同じ個体で、成長して
itohnoriさんに会いに来たのかもしれませんね(^_-)
静止の一枚目、動き出した3枚目、
いいな~と眺めています(*^_^*)(^^♪
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:47
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 今季は河川工事が行われていたり、雪が降ったりと例年と異なる状況になりました。
それだけでなく、年々野鳥が減っている様な感じがします。
しかし、昨年の私のブログを見返して見ると、ベニマシコもルリビタキも2月一杯いたので、これからに期待したいと思っています。
早く、雪が融けてくれれば良いのですが。
M公園でも東屋の辺りの積雪量は、yuugesyouさんがお見えになった時と変わっていない様に思います。
縄張りを持つ鳥は毎年同じ場所に帰って来る様な気がしていましたが、調査されたのですか。
このルリビタキも昨年ここで見られた個体なのでしょうね。
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:48
mitikoさん、ありがとうございます。
 このルリビタキは安定して見られる訳ではないのですが、今回は縄張りへの侵入者と間違えたのか、1枚目の様に近くまで来て警戒している様に見えました。
羽の瑠璃色と脇のオレンジが綺麗ですよね。
幸せの青い鳥と言うと、私はルリビタキを連想してしまいます。
まだまだ、これからも写せると思いますので、アップする回数が多くなると思います。
また、ご覧頂ければ嬉しいです。
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:48
yumeoibitoさん、ありがとうございます。
 そうですね。
今季は上流で河川工事をやっていますし、雪も積もっていますので、ルリビタキは埼玉の方へ移動してしまったのかも知れませんね。
1枚目は直ぐ下に金網のフェンスがあったのですが、トリミングで除きました。
ラストは草叢の中でしたが、かなり近くでした。
お褒め頂きまして大変嬉しく励みになります。
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:48
true-clearさん、ありがとうございます。
 野鳥は年によって当たり外れがあるのでしょうが、年々減っている様に思えてなりません。
棲み付く環境も年々変わりますので、毎年同じポイントに出るとも限らないですね。
このフィールドではルリビタキもジョウビタキもオスが多いです。
ジョウビタキのメスは今季未だ見ていないです。
地域によって、オス、メスの割合が異なる様ですね。
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:49
嶺さん、ありがとうございます。
 御地でもルリビタキの出が悪いですか。
ハチジョウツグミが出始めたのですね。
こちらでは見られないので羨ましい限りです。
ダイヤモンド富士ですか。
朝日でなく、夕陽なのですか?
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 16:50
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 多分昨年と同じ個体と思いますが、私を侵入者と思って警戒している様でした。(笑
1枚目と3枚目を気に入って頂けた様で嬉しい限りです。
まだまだ、これからも写せると思いますので、アップする回数が多くなると思います。
また、ご覧頂ければ嬉しいです。
Commented by rindon3190 at 2016-02-05 18:43
初めまして。
お気に入りに登録させていただきました。
これからも拝見させてください。
今日はこちらもルリ君です。
Commented by itohnori2 at 2016-02-05 19:53
rindonさん、今晩は。
 ご訪問ありがとうございます。
“お気に入り登録”ありがとうございました。
私も登録させて頂きました。
これからもよろしくお願い致します。

 ルリビタキとミソサザイが素敵ですね。
Commented by fucanon at 2016-02-05 22:09
itohnoriさん、こんばんは。
きれいな個体ですね
年月をかけて色が濃く、眉班もはっきりしてくるようですね
きれいな個体になるには4年かかるといいますから
そんなきれいな個体を見るとうれしくなります

日曜日からブログ再開いたします
息切れしないよう、休みやすみ、のんびりと続けたいと思います
またお付き合いよろしくお願いします
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-02-05 22:28
こんばんは♪
数が少ないと言っても見られるだけ羨ましいです。
この美しい青い鳥を見ると写欲も上がるでしょうね^^
Commented by itohnori2 at 2016-02-06 09:01
fucanonさん、ありがとうございます。
 昨年ここで写したのと同じ個体の様に感じていますが、大分色が濃くなった様に感じます。
来年も、此処に来てくれることを期待しております。

 日曜日を楽しみにしております。
そうですね。
無理をすると続かなくなりますので、楽しみながら続けて頂けると良いと思っております。
よろしくお願い致します。
Commented by itohnori2 at 2016-02-06 09:04
hokkaido-tairikuさん、ありがとうございます。
 そうですね。
遠くへ遠征することなく、身近で見られるのはありがたいと思っております。
青い鳥を見ると幸せな気分になりますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 鳥枯れにつき仕方なく、隣の市の... 雪の上のジョウビタキ >>