青苔とルリビタキ

 昨日、いつもの水場に行くと、何台もの軽トラックが止まっていました。

雪で傷んだ杉林でチェーンソウの音が聞こえて来ます。

そして、少し離れた所ですが、管楽器の練習をしている人がいました。

これでは野鳥が出て来る筈がありません。

あれだけ、出ていたミソサザイも全く姿が見えません。

これは運動不足解消のために歩けと言うことかなと思い、少し上の方まで歩いて見ることにしました。

歩いて行くと、道の端からカワラヒワが飛び立ちますが、全く写すことが出来ません。

暫くして、水場まで降りて来ると、管楽器の人は居なくなりましたが、今度は散歩の人が話しかけて来ました。

そこへ、群馬用水の調査の人が来て、また話かけて来ました。

そんなこんなで、大した成果がなく終わってしまいました。

そのため今回は、以前写したルリビタキです。

良くコメントを下さる嶺さんは青苔の上のルリビタキやジョウビタキを写しておられるとのこと。

アオゴケの上のルリビタキは綺麗だろうなと想像していました。

狙って写した訳ではないのですが、私もたまたま青苔の上のルリビタキを写すことが出来ました。


d0334291_20290952.jpg

d0334291_20291693.jpg

d0334291_20292465.jpg

おまけは

④ルリビタキの飛翔シーンです。

d0334291_20293126.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2016-03-07 07:00 | 野鳥 | Comments(18)
Commented by mitiko-aran at 2016-03-07 07:53
おはようございます
伐採や、楽器だと、野鳥達姿を見せませんね
itohnoriさん、色々な方達との会話で、楽しい時間を
過ごされたのですね
春らしい美しい、青い苔、、青苔にルリさん、
何時もは、枝止まり姿ですが、青苔の上のルリさんって!
凄く新鮮です
表情まで、嬉しそうな顔をしていますね
絡まる、小枝を羽を広げて、渡る姿、可愛い~♪
Commented by wisteria at 2016-03-07 07:54 x
itohnoriさん、おはようございます。

ルリビタキ、みなさん撮ってるけどいいなぁ\(^o^)/
識別、撮ってきた写真を見ればできるのですが、250のレンズで覗いてる時は全然判らんのですわ
なんでも撮っとかなきゃです(^^ゞ
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-07 07:59
おはようございます!
ルリビタキがたくさん撮れて、在庫が豊富にありそうですね。
緑バックの野鳥は綺麗なので、狙う人が多いです。
が、ルリビタキやジョウビタキはツグミのたぐいとは違って
もともと地面にはおりることが少ないので、苔に絡むのは珍しいですね。
珍しい場面を見せていただき有り難うございました。
Commented by yuugesyou at 2016-03-07 09:11
itohnori2さん おはようございます。
今日は朝から小雨が降ったり止んだりで 撮影はお休みです。
撮影ポイントに人が入って来ると 小鳥は姿を消してしまいますね。
野鳥撮影を目的としているCMにとっては迷惑ですが
相手も仕事が目的で来るのですから文句も言えませんね。
青苔の上のルリビタキは綺麗ですね。
想像していた画が撮れて好かったですね。
こんな時の為に取り置き画像がたくさん有ると助かりますね。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 11:55
mitikoさん、ありがとうございます。
 伐採や楽器の人達は限られた期間なので良い方なのですが、一番困るのは散歩の人に話しかけられることです。
年寄りが多くて話し相手が欲しい人達ばかりなので、話が長くなります。
話し掛けられて困る時はファインダーを覗いて通り過ぎるのを待ちます。(笑

 川辺の石に青苔が生えています。
写していたら、ルリビタキがその上に乗ってくれました。
滅多に見られない光景なので、ラッキーでした。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 11:55
wisteriaさん、ありがとうございます。
 野鳥を見付けたら写すことが大事の様ですね。
私はヒヨドリと思って写さないでいたら、違う珍しい鳥だったことが何度もあります。
それから、要らない鳥とはっきり分からない限り写すことにしています。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 11:55
yumeoibitoさん、ありがとうございます。
 今季は飛来したルリビタキの数が少なかったので、在庫は殆どない状態です。
ミソサザイは同じ様な画のものが沢山あるのですが、地味なので何度も使えそうもないですね。
(と言って、これから数多くアップしそうですが、…。)
このルリビタキは枝に止まっているよりも、地面にいる方が多い様な気がします。
先日ミヤマホオジロもこの苔の上に乗りましたので、折を見てアップしたいと思っております。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 11:55
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 御地では小雨がふっているのですね。
こちらでは雨は降っていないのですが、暗い曇り空です。
雨では撮影に行けないですね。
こちらは無理すれば行けるのですが、野暮用が入ってしまいました。
 ここは一応公園になっていますので、誰が入って来ても文句は言えないですね。
でも、一番困るのが話し相手を探している年寄りの散歩の人です。
話し出すと長時間になります。
話し掛けられて困る時はファインダーを覗いて通り過ぎるのを待ちます。(笑
ミソサザイがいる水場にルリビタキが出てくれないかと思っているのですが、最近見られなくなりました。
Commented by rabbitjump at 2016-03-07 14:57
野鳥を撮る環境はなかなか難しいものですね(^_-)^^
青苔の上のルリビタキ、本当にいい姿ですね。
飛翔シーンを拝見すると、
とってもとっても嬉しくなります、ニコッ!
Commented by Hanatuzuri_puri at 2016-03-07 16:35
こんにちは。
青々した苔の上にちょこんと乗って、
可愛らしいルリビタキですね^^
コントラストがとても綺麗です。
飛翔シーンもすばらしいですし!
野鳥を撮るのは本当に大変なご苦労なんですね。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 20:16
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 そうなんですよ。
野鳥は人影を嫌いますので、人がいると出て来ないことが多いです。
でも、お互いに譲り合って楽しまないと、趣味ではなくなってしまいますね。
ルリビタキの様な色でしたら、緑と良く会う様な気がしますね。
飛翔シーンがお気に入りとのことですが、私と考えが一致していますね。
Commented by itohnori2 at 2016-03-07 20:16
Hanatuzuriさん、ありがとうございます。
 ルリビタキの幼鳥ですので、可愛いですよね。
冬には枯れ木と一緒に写ることが多いので、緑と一緒だと新鮮な感じがしますね。
色も良く合って居る様に感じます。
公園ですので、色々な人が来ます。
お互いに譲り合って利用するしかないですね。
Commented by fucanon at 2016-03-07 20:38
itohnoriさん、こんばんは。
苔にルリビ、やはりお似合いです
水場などに行くと、いい苔があったりしますが
そこに来てくれればなと願ってもなかなか上手くいきません
Commented by ironsky at 2016-03-07 20:38
こんばんは。
色々なことが起こりますね。
以前、私が良く撮影に行っていた沼の公園では、鍵盤ハーモニカを吹いている方がいて、その方がいる間は野鳥が来てくれませんでした。
そういう時は、退散するのが一番です。
ルリビタキ、だんだん色がついてきましたね。
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-03-07 22:19
こんばんは♪
苔の上のルリビタキ、いい所にとまってくれましたね。
毎日撮影に出られると今回のようなこともあるでしょうが、
いい写真を撮れるチャンスもグッと増えますね^^
Commented by itohnori2 at 2016-03-08 15:09
fucanonさん、ありがとうございます。
 そうですね。
ここに出てくれたらと思うことがありますが、そう簡単にはそこに出てくれないですね。
今回は思いもよらず、青苔の上に乗ってくれたので、ラッキーでした。
 ブログ休止とのことで残念です。
一日も早い再開を楽しみにしております。
Commented by itohnori2 at 2016-03-08 15:09
Ironskyさん、ありがとうございます。
 楽器の練習をする人には、煩いと言われることがないので最適な場所なのでしょうね。
文句を言うことは出来ませんが、バーダーには困ったことですね・
話をしていても、鳥が出て来ると言う人がいます。
確かに、出て来る鳥も居ますが、警戒心の強い鳥は出て来ないですね。
Commented by itohnori2 at 2016-03-08 15:10
hokkaido-tairikuさん、ありがとうございます。
 私の場合、野鳥との出会いは偶然のことが多いので、出来るだけ頻繁に出かけています。
困った状況に出逢うことがありますが、数多く出かけた方が良い場面出会うことが多いのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大本命現わる 本命現れず >>