未だ居たシメ


 5月3日、例年ならばとっくにいなくなっている筈のシメが、MFの公園に未だ居ました。

ウィキペディアによれば、「シメは日本では北海道本州中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。」とあります。

従って、この時期にここで見られても不思議ではないのかも知れませんが、何か変調に感じます。



d0334291_19352918.jpg

d0334291_19354142.jpg

d0334291_19355848.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-05-05 06:33 | 野鳥 | Comments(18)
Commented by wisteria at 2016-05-05 07:50 x
itohnoriさん、おはようございます。

シメ、私でも撮れる数少ない野鳥で愛着を覚えております(^^ゞ
それにしても、レンズがいいときれいに撮れますね!腕もありますね、しつれいしあした(^^ゞ
Commented by yuugesyou at 2016-05-05 08:33
itohnori2さん おはようございます。
こちらでは冬鳥のシメですが 御地では留鳥になるのですかね?
ひょっとすると近くで営巣するかもしれませんね!
①の見返り ③の石の上と どの画像もシメが好い所に止まってくれましたね。
Commented by rabbitjump at 2016-05-05 09:10
枝止まりのシベさん、
カメラを意識しているかのようですね^^、
つがいでいるのですね。
気候の変化?何か感じているのでしょうか、。
Commented by at 2016-05-05 09:55 x
こんにちは、此の時期にシメは珍しいですね。今日もアオゴ周りの水場でキビタキ オオルリ狙いです。先程オオ鷹の飛翔を。嶺
Commented by maria at 2016-05-05 14:25 x
そちらにへまだシメがいましたか?
珍しいですね。
とてもきれいに撮ってもらってシメ幸せ者ですね(^.^)
Commented by itohnori2 at 2016-05-05 16:42
wisteriaさん、ありがとうございます。
 野鳥撮影にはある程度適したカメラが必要な様に思います。
腕が良くても、適していないカメラでは苦しいでしょう。
カメラが良くても腕が悪いのも問題でしょう。
Commented by itohnori2 at 2016-05-05 16:43
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 シメは当地では冬鳥と思っていました。
今年は池にマヒワが未だ居たりしますので、何か変調ですね。
営巣してヒナが見られると良いのですが。
①は遠かったのですが、③はかなり近くに出てくれました。
Commented by itohnori2 at 2016-05-05 16:44
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 かなり遠くからでも、野鳥は人を気にしているのかも知れませんね。
番と言うよりも、群れで残っています。
例年ならば、もう居ない筈なのですが、今年は変調ですね。
Commented by itohnori2 at 2016-05-05 16:44
嶺さん、ありがとうございます。
 本当ですね。
もうとっくに抜けていると思っていたのですが、未だ群れで残っていました。
アオゴケの上のキビタキは綺麗でしょうね。
Commented by itohnori2 at 2016-05-05 16:44
Mariaさん、ありがとうございます。
 シメは本州中部以北で繁殖すると言われていますが、この時期にシメを見たのは初めてです。
お褒め頂きまして大変嬉しく励みになります。
Commented by ironsky at 2016-05-05 20:00
こんばんは。
シメは冬鳥というイメージがあります。
「本州の中部以北で繁殖」ということでしたら、不思議はないのですが、やっぱり違和感があります。
暖冬の影響で、冬鳥に影響がありました。
その延長線上にあるのでしょうか。
夏鳥に異常がなければ良いがと、ちょっと心配しちゃいました。
Commented by fucanon at 2016-05-05 20:36
itohnoriさん、こんばんは。
シメがいい所に出てくれて、シメ、シメ・・・なんて思ったんでしょ(笑)
新緑の中といい、大石に乗ったシメといい、見事に解像し見事です
それにしても今の時期にシメが居るとは
私も見たことありませんし、人から聞いたこともありません
文献によると、本州中部以北と北海道で少数が繁殖とありますから
その貴重な少数の集団なんでしょうね
今の時期に居るということはそちらで繁殖するのでしょう
そのうち子ずれの集団が見れるかも知れませんね

本日、赤城に行ってきましたが撃沈しました
ブログネタがきれ、遺憾ながら休止状態です(笑)
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-05-05 22:52
こんばんは♪
確かに渡りの時期が微妙にずれてきているのかもしれませんね。
グリーンをバックにバッチリ撮られていていいお写真ですね^^
Commented by mitiko-aran at 2016-05-06 09:36
itohnoriさん
おはようございます
今朝、広島に帰る積りでしたが、高速の渋滞も酷く
大雨でしたので、取りやめ、明日に変更しました
シメ、まだ!美しい姿を見せてくれたのですね
綺麗な青葉が、5月だと教えてくれますのに
ノンビリ屋のシメですね
でも、嬉しい出会いですね、二枚目の画像には二羽も
居ますね
Commented by itohnori2 at 2016-05-06 19:54
Ironskyさん、ありがとうございます。
 シメは冬鳥の印象が深いですね。
ここのシメももう直ぐ抜けてしまうのではないでしょうか。
暖冬が夏鳥に影響?
そのためかどうか分かりませんが、私が行く池では例年になくコルリが良く出ます。
しかし、良く出る筈のクロツグミが余りでないです。
Commented by itohnori2 at 2016-05-06 19:54
fucanonさん、ありがとうございます。
 シメ、イカル、カワラヒワの群れが水場にいました。
1羽ですが、アカハラも出ました。
これが本当のシメシメと言うところでしょうか。(笑
繁殖してくれると良いのですが、抜けてしまうのでしょうね。

赤城と言うことは、コマドリorマミジロ狙いだったのでしょうか。
まだ、早いのでしょうか?
折角行ったのに、撃沈とは残念でしたね。
でも、コマドリやマミジロならばそれだけの冒険をする価値がありますね。
Commented by itohnori2 at 2016-05-06 19:55
hokkaido-tairikuさん、ありがとうございます。
 今年はどうも変調です。
もう居ない筈の鳥がいたり、いつも出が良い筈の鳥が出なかったり、出に筈の鳥が多かったりしています。
Commented by itohnori2 at 2016-05-06 19:55
mitikoさん、ありがとうございます。
 雨に渋滞では事故の危険がありますので、取りやめが正解ですね。
こんなに遅くシメを見たことがなかったのですが、今年は未だ群れでいました。
どうしたのでしょうね。
ここで繁殖すると良いのですが、そのうちに抜けてしまうのでしょうね。
シメは周囲の緑とも合いますよね。
良い所へ出てくれたのでラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 巣材集めに異常接近するヒガラ ヤマツツジと野鳥 >>