ちょっと期待したのですが


 ここではキビタキのメスが良く現れる。

地味な鳥であるし、オオルリのメスと区別が付き難いので、余り写さないことにしている。

この子が現れた時、「なーんだキビタキのメスか。」と思ったのですが、お腹の斑が気になりました。

PCに取り込んで見ると、羽に青味がある様に感じたので、ルリビタキの幼鳥?と思いました。

鳥くんさんにお伺いしたところ、キビタキ メスの成鳥とのこと。

ルリビタキはここ(標高1000m)よりも、高い所で繁殖するとのこと。

良く考えれば、幼鳥は未だ見られる時期ではありませんでした。

この子はキビタキ メスにしては少し綺麗な感じがするので、写して良かったと思っています。



d0334291_20070262.jpg

d0334291_20074084.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2016-05-15 07:05 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by mitiko-aran at 2016-05-15 15:34
itohnoriさん
こんにちわ!
幼鳥の区別って難しいですね、
この時期、幼鳥に出会えますが、全然、名前が解りません
キビタキ、雌の幼鳥なのですね、
本当に羽色が地味ですが
綺麗な女の子ですね、、バックのグリーン、グレー、淡いピンクの
暈しも、色を添えて居ますね
Commented by yuugesyou at 2016-05-15 18:54
itohnori2さん こんばんは!
キビタキ雌の成鳥にしては 色が緑がかっていますね。
水浴びをした後でしょうか?
鳥によって水に濡れると色が変わってしまいますね。
背景がスッキリ抜けて綺麗な画になりましたね。
Commented by itohnori2 at 2016-05-15 20:18
mitikoさん、ありがとうございます。
 キビタキのメスとオオルリのメスは、2つ並べば区別が付くと思うのですが、単独ではどちらか分かり難いです。
この写真のメスは成鳥です。
幼鳥は未だ孵っていないのではないかと思います。
此処では7~8月に幼鳥を見ることが出来ます。
個体によるのか、たまたまなのか分かりませんが、このメスは綺麗な感じがします。
良い所へ止まってくれたので、ラッキーでした。
Commented by itohnori2 at 2016-05-15 20:19
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 キビタキのメスは最近生意気にも写さなくなりました。
しかし、このメスは綺麗に感じたので写してしまいました。
水浴びした後ですが、いつも見ているメスと違って見えました。
水に濡れると色が変わることがあるのですか?
それは勉強になりました。
Commented by wisteria at 2016-05-15 21:55 x
itohnoriさん、こんばんは。

写真で拝見しても、小さそうな野鳥・・・ですよね!
でも、撮るとなると・・・めんこいこういう野鳥なら迷わずカメラ向けちゃいそうです\(^o^)/
・・・撮れるかは別ですよ・・・枝かぶり無い野鳥の少ない人ですから(^^ゞ
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-05-15 22:06
こんばんは♪
メスは色が地味ですが、
優しい顔とまん丸の眼が可愛いですね。
フィルムの時代と違って今は何枚撮っても気にならないので
とりあえずでも撮ってみた方がいいのかもしれませんね^^
Commented by itohnori2 at 2016-05-16 16:58
wisteriaさん、ありがとうございます。
 水場に降りる前後を狙います。
沢山写せるので、枝被りは写さないことにしています。
Commented by itohnori2 at 2016-05-16 16:58
hokkaido-tairikuさん、ありがとうございます。
 そうですねぇ。
写さないでいて、時々珍しい鳥を写し損なったりします。
面倒と思わないで、写すべきなのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 近くに来てくれたマヒワ 小鳥を追い散らして嫌われるヒヨ... >>