水場のクロツグミ


 シーズン初めはクロツグミの出が悪かったのですが、今は例年通り良く出る様になりました。

出来るだけ枝止まりを写そうと思うのですが、そうは簡単に行きません。



d0334291_19424140.jpg

d0334291_19431371.jpg

d0334291_19433099.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-06-11 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by yuugesyou at 2016-06-11 07:28
itohnori2さん おはようございます。
池で こんなに綺麗なクロツグミが撮れるなんて好いですね。
1枚目の雄の枝止まりは最高ですね!
これじゃあ早い時間からCMが押し掛けるわけですね。

下のアサギマダラの飛翔を綺麗に写されましたね。
こんなに綺麗な飛翔シーンは滅多に見られませんよ。
Commented by itohnori2 at 2016-06-11 09:15
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 1枚目は池の一番遠い所に出たのですが、クロツグミくらい大きい鳥ですと何とか写せますね。
多くのCMは水浴びしているクロツグミを喜んで写して居ます。
私はそれを写さないで、何処かの枝に止まるのを待っています。
鳥友さんから、「○○番にでているよ。(何故写さないの?)」と言われることがあります。
多くの場合そのまま歩いて藪の中に入ってしまうので、非常に効率が悪いです。
でも、生意気な様ですが、水浴びしている野鳥は何枚写しても絵にならないですよね。

 アサギマダラは秋に赤城自然園に写しに行って飛翔シーンを狙うのですが、上手く写せたことがありません。
蝶の飛び方は野鳥と違いどちらに飛ぶか分からないですね。
今回は遠い所でしたので、何とか写せた様です。
Commented by at 2016-06-11 09:16 x
こんばんわ。ブログ拝見しました。クロツグミは何回か撮影してますが、此だけ枝止まりで撮ったとの事ないですお見事ですね。アサギマダラの飛翔もいいですね。嶺
Commented by mitiko-aran at 2016-06-11 12:37
itohnoriさん
こんにちわ!
↓のアサキマダラ、今年も見させて頂き
嬉しいです、広島では見る事の出来ない蝶ですので、、、
今朝は、出稽古に出かけ、帰りに、準絶滅危惧種の
グンバイトンボの巣に出かけました、災害の土石流で、
流され、諦めては居ましたが、それでも?と、探しました、
同じ場所に居ました、、、一匹だけ、感激したわ
クロツグミ素敵な緑をバックに、素敵な枝に止まって居ますね、
濃紺の羽と、青い葉の色合いが似合いますね
二番目の、女の子、凄く幼く見えますね
雄も素敵だけど、私は、雌の可愛さの方が、好みです
Commented by itohnori2 at 2016-06-11 16:35
嶺さん、ありがとうございます。
 枝止まりは写したことがないですか。
この水場では、クロツグミは地面を歩いて現れます。
そして、歩いて藪の中に消えて行くことが多いです。
たまに、写真の様に枝に止まることがあります。

 アサギマダラは普通秋に見かけるのですが、ここでは気温が低いので、夏に見かけることがあります。
Commented by itohnori2 at 2016-06-11 16:36
mitikoさん、ありがとうございます。
 グンバイトンボは絶滅していなかったのですね。
良かったですね。
これから目撃数が増えると良いですね。

アサギマダラはこちらでは秋に南下する途中で立ち寄ることが多いです。
しかし、標高1000mになると、気温が低いので夏越しするのかも知れませんね。

二番目のクロツグミは自信がなかったので、雌雄いずれかを書かなかったのですが、オスの若の様です。
Commented by fucanon at 2016-06-11 21:38
itohnoriさん、こんばんは。
枝止まりのクロツグミが見事です
ブッシュからいきなり水場に出てくることが多いと思いますが
そんな数少ない枝止まり、貴重な一枚になりましたね
私も何度かお邪魔したことがあるので
ここで枝止まりを撮ることの難しさ痛感しています
やはり数多く通って、粘り強く狙うしかないですね
Commented by itohnori2 at 2016-06-12 08:45
fucanonさん、ありがとうございます。
 最近生意気にも水辺の野鳥に飽きて来て、水浴びしている時は写さないで、何処かの枝に止まらないかと待っています。
「○番に出ているよ。」と教えてくれる鳥友さんもいますが、我慢して写さないでいます。
クロツグミはそのまま歩いて藪の中に消えてしまうことが多いのですが、たまに枝に止まってくれることがあります。
そこで、連写する訳ですが、周りのシャッター音が鳴り止んだ後なので、「彼奴何を写して居るのだ。」と怪訝に思う人もいる様です。
非常に確率が悪いのですが、此処ではクロツグミは日に何度も出るので、たまに枝止まりを写すことが出来ます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 水辺のコサメビタキ アサギマダラ >>