久しぶりのキビタキ


先日、水場に行くと若いバーダーさんがいました。

挨拶すると、こちらに向き直り、近づく様な感じで挨拶を返されました。

この様な素敵な対応をされると、とても爽やかな気分になります。

年寄りの私も見習う必要があると痛感しました。

池に来たのは3度目と言うので、鳥が出る場所の番号を教えて上げました。

すると、直ぐに覚えて、鳥が出ると、こちらが教えて貰ったことが何回かありました。

屁理屈ばかり捏ねて、覚えようとしない年寄りと比べると、流石に若い人の対応力は凄いなぁと感心しました。

さて、野鳥ですが、

  水浴びした野鳥は羽が乱れるので、水に入る前に写したいと皆さん言います。

ところが、ここのところの雨で、池の水が増えました。

それで現れてから水に入るまでの時間が短くて写し難しい。

それならば枝に止まっているところを写せば良いのですが、そうは問屋が卸しません。

今回は岸から張り出している枝に止まったのですが、既に一度水浴びした後でした。

暗くてSSが上がらないので、動く物はブレてしまいます。

この画像はSS 1/250秒でした。



d0334291_19474132.jpg

d0334291_19481141.jpg

d0334291_19483027.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-07-08 07:00 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by mitiko-aran at 2016-07-08 07:33
itohnoriさん
おはようございます
私も、カメラを持った方に出会うと、近づいて
私の方から、挨拶をします、カワセミが居た時も
教えて頂きました,後は、邪魔に成らないように
ソ~ット!傍を離れます、時に近づいて来まして、
居る場所を教えて頂いた事も、

キビタキさん、枝から、勢いを付けて
水に飛び込むのですね、
モット!静かに水の中に入るのかと、思って居ました
雨の、お陰で、水も多く成りましたね
広島は、台風の影響でしょうか?朝から雨です
Commented by yuugesyou at 2016-07-08 07:54
itohnori2さん おはようございます。
一緒に撮影をするのですから 挨拶は基本ですね。
この若いバーダーさんのような方とご一緒なら撮影も楽しくなりますね。
この水場へは暫く行ってないけど 意外と楽しめそうですね。
SS=1/250あれば止まりものなら何とかなりますね。
動きのあるものも十分画になっていますね。
Commented by at 2016-07-08 08:07 x
おはよう、ございます。ブログ拝見しました。此の様なバーダーさんと一緒に撮影が出来れば楽しいですね。 キビタキお見事ですね、羨ましいです。此方ではオオタカ子育てを可愛いです。嶺
Commented by itohnori2 at 2016-07-08 11:51
mitikoさん、ありがとうございます。
 私などは座ったまま後ろを振り向いて挨拶していたのですが、1対1の時は立ち上がって向き合う方が、感じが良いのでしょうね。
半日以上一緒にいるのですから、挨拶は大事の様に思います。

 キビタキは砂地を歩いて水に入ることが多いのですが、この場合は水に飛び込むしかないのでしょうね。

 この付近は雨が時々降るので、池の水嵩が増しているのですが、肝心の水源地には雨が降っていないのです。
台風の影響で、降ってくれると良いのですが、…。
Commented by itohnori2 at 2016-07-08 11:52
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 そうでもないのに、俺はベテランで池のことも鳥のことも良く知っていると、錯覚している輩ほど一緒にいても楽しくないですね。
 池は今が一番鳥の出が悪い時期の様に思います。
もう少しすると、幼鳥が出る様になると思います。
お盆頃まで楽しめるのではないでしょうか。
 此処では、普段は3桁にならないことが多いです。
ISOを大きくしたいのですが、そうすると遠い所に出る小さな鳥がの場合、使いものにならないですね。
Commented by itohnori2 at 2016-07-08 11:52
嶺さん、ありがとうございます。
 若い方は謙虚で感じが良い人が多いですね。
そう言う人とは一緒にいても楽しく撮影が出来ますね。
オオタカの子育てですか。
羨ましい限りです。
Commented by wisteriat at 2016-07-08 18:15
itohnori2さん、こんばんは。

レンズだけじゃ無くカメラもいいんすね・・・わてのじゃちょっと日陰は1/250秒は無理ですね(^^ゞ

あっそうそう、昨日のナツグミって山茱萸の実って事ないですか??うちに成ってるの似てます(^^ゞ
Commented by itohnori2 at 2016-07-08 19:37
wisteriaさん、ありがとうございます。
 野鳥撮影に向いているカメラがあります。
私は以前O社のカメラを持っていましたが、使いものになりませんでした。
ネットで調べて見ましたが、山茱萸の実は晩秋に赤くなると書いてありました。
wisteriaさん宅の山茱萸の実は夏でも赤くなっていますか?
この時期に赤くなるグミとしては夏グミ、苗代グミなどがありますね。
Commented by fucanon at 2016-07-08 21:30
itohnoriさん、こんばんは。
挨拶は基本ですね
同じ趣味を持って、同じ時間を過ごすのですから
挨拶しあえればお互いに楽しく過ごせるんですがね
それができない人がたまにいるんです
そういう人は無視しましょう
キビタキがきれいです
まだ子育て中で大忙しなんでしょうが
ひと時の息抜きタイムでしょうか
これから家族ずれでお出ましなんてことがあればいいですね
Commented by ironsky at 2016-07-08 22:14
こんばんは。
最近は、野鳥のフィールドに、若い方が多くいますね。
歳のいってる方は、どちらかというと、仲間内でのやりとりが多いようです。(私もそちらの部類かな)
若い方は積極的に、いろいろな人に声をかける場面を見かけます。
私も見習わなきゃって思うのですが、なかなかそうもいきません。

薄暗い場所なのですね。
1/250秒だと、動いているシーでは辛いものがあります。
私の場合は、ISOオートにして、シャッター速度を1/1000秒とか1/800秒に固定しています。
ISOが上がりすぎて、画質が悪くなることも多いのですが。
Commented by itohnori2 at 2016-07-09 08:44
fucanonさん、ありがとうございます。
 年寄りの中には、「俺は凄い」と意識している人がいますね。
長い人生を生き抜いてきた自負があるのでしょうか。
でも、我々とそんなに変わらないのですよね。(笑
若い人にはそれが無くて素直な人が多い様に思います。
たまに、失礼な振舞をする人もいますが、常識を知らないだけ。
罪が無いですよね。

 いろいろな鳥が子育て中なのか出が悪いです。
そんな状況下、少しずつヒナが現れ始めています。
ヒナが水を怖がって入ろうとしないのを、親鳥が誘導するシーンがそのうち見られるかも知れません。
もう少しに辛抱です。
Commented by itohnori2 at 2016-07-09 08:44
Ironskyさん、ありがとうございます。
 私は話下手で会話が得意ではありません。
それで、挨拶の後「何処から見えたのですか?」と聞くことにしています。
それを切っ掛けに話が始められることが多いのですが、年寄りの中には度々来ている俺を知らないのかと言う態度を見せる人もいます。
私の方が池に行っている回数は遥かに多いと思うのですが。(笑

 ここでは暗い場所に鳥が出て来るので、ISO2500にしてもSSが3桁にならないです。
それで、飛びものはブレてしまいます。
ご指摘の様に、1/500で写した写真を本日アップしました。
ISOの上限を3200にしたのですが、どうも暗くて粗い画像になってしまいました。
設定値を色々変えて試して見たいと思っております。
名前
URL
削除用パスワード


<< キビタキの幼鳥 赤城自然園の夏の花 その3 >>