クロツグミとヒヨドリのバトル


 一昨日、感じの良い挨拶をする若い人が池にやって来ました。

左側にいたグループに丁寧に挨拶すると、我々の居る所に来て丁寧に挨拶しました。

そして、私の名前を呼んで、名刺を貰ったと言います。

年を取ると駄目ですね。

お会いした覚えがありません。

忘れたのでなく、顔を覚えていないのです。

その方は直ぐに帰ってしまったのですが、鳥友さんが「以前(7月8)、ブログに載せた若い人ではありませんか?」と言います。

その方は、今回カメラを持っていなかったのも、思い出せなかった一因かも知れません。

もし、その方でしたら、申し訳ありません。

物覚えの悪い年寄りに免じてお許し願います。

さて、野鳥ですが、

写すのが飽きたと言っているクロツグミが続きます。

 小鳥を追い散らすので嫌われ者のヒヨドリが、水浴び中のクロツグミに飛びかかろうとしました。

クロツグミも負けていません。

嘴を広げて応戦しています。

この勝負の結果は、引き分け。

両方とも飛び去りました。


d0334291_16442701.jpg

d0334291_16444021.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-07-13 07:00 | 野鳥 | Comments(16)
Commented by at 2016-07-13 07:41 x
おはよう、ございます。ブログ拝見しました。私も同じ経験を。私の場合末期高齢の為ですが。若い方にこの様な方が多いですね。我々も見習いたいですね。 鳥枯の此の時期撮影出来るだけでも良しですね。今日は墓参りに 嶺
Commented by yuugesyou at 2016-07-13 07:50
itohnori2さん おはようございます。
鳥を見に来ただけで直ぐに帰ってしまっても きちんと挨拶ができるなんて立派な方ですね。
こんな時は目的の鳥が撮れなくても気分が好いですね。
クロツグミとヒヨドリのバトルですか? 珍しい場面に遭遇しましたね。
一瞬の出来事を逃さず見事に捉えるなんて凄いですね。
私だったら このようなチャンスも撮り逃してしまうでしょう!
Commented by itohnori2 at 2016-07-13 09:19
嶺さん、ありがとうございます。
 何度かお会いすると顔だけは覚えるのですが、1度だけではお会いしたことさえ覚えられないです。
若い方には見習いたい方がおられますね。
お墓参りですか。
雨ですが、暑いくなくて丁度良いのではないでしょうか。
Commented by itohnori2 at 2016-07-13 09:19
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 池に来ても挨拶出来ない方、挨拶しても返さない方が多い中で、この様に挨拶する人に出会うと気分が良いですね。
この方は、「オオルリやコルリ、キビタキが出ましたか?」とか「何時頃でしたか?」とか、「朝早い方が出ますか?」など熱心質問して来ました。
カメラを取りに行ったのかと思ったのですが、そのまま何処かへ移動された様でした。
 クロツグミが出ても写さないことが多いのですが、マミジロの可能性があるので、一応ファインダーを覗くことにしています。
すると、いきなり身構えて、嘴を大きく開けたので、何かあると思って連写しました。
Commented by hiro3523000 at 2016-07-13 12:39
こんにちは。 ご無沙汰しております。
コミュニケーションは ほんと大事だと思います。
一日を楽しく過ごせるか、つまらないものにするか、
挨拶ひとつでその場の雰囲気が がらりと変わりますから。
私もどちらかといいますと人見知りでしてitohnoriさんの
記事を拝見し改めて挨拶の大切さを再認識させられました。
有難うございます<(_ _)>

当地は鳥枯れの時期となりました。
遠征も考えてはいるのですが なかなか重い腰が上がりません。
itohnoriさんの所は相変わらず鳥枯れ知らずですね (^o^)丿
Commented by itohnori2 at 2016-07-13 13:26
hiroさん、ありがとうございます。
 私は人見知りで、会話の出来ない人間なのですが、挨拶だけはすることにしています。
しかし、こちらが挨拶して、目が合っても、挨拶を返さない人がいます。
そんな人とは、以後会話する気持ちになれません。
私の出会ったこの若い方は清々しくて、見習う必要があると痛感しました。

 こちらではクロツグミだけは良く出て来て写せます。
オオルリ、コルリ、キビタキも出て来ることがありますが、全て水辺、何度も写しているので、これ以上写しても捨てることになります。
私は遠征嫌いなので、この池ばかりに行きます。
そのため、同じものを同じ様な絵柄で写す状況になるのでしょうね。
それでも、他の地方の方と比べたら贅沢な悩みなのかも知れませんね。
Commented by ironsky at 2016-07-13 20:39
こんばんは。
野鳥のフィールドでは、よく名刺交換をします。
しかし、交換した相手、忘れちゃいますね。
記憶力の低下は、仕方がないと諦めています。(笑)

クロツグミとヒヨドリのバトル、面白いです。
ヒヨドリは、よく見かけが、他の野鳥に襲いかかるのは、見たことがありません。
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-07-13 22:19
こんばんは♪
撮影をしていると若い人の方がきちんとしていたりしますね。
「今の若い者は・・・」なんて言えません。
クロツグミとヒヨドリのバトル、いい瞬間を撮られましたね。
特に2枚目はナイスショットです!
Commented by villanesco at 2016-07-13 22:21
こんばんは~。
ヒヨドリのこんな瞬間は見た事がありませんけど、クロツグミも小さくても負けてはいませんね。
ヒヨドリはヒヨドリといる所しか見ません。
最どの鳥も子供が見られるので、どんな鳥でも子供は可愛いものですね。
カラスの親子がいて、子供はまだ羽も乱れてて、鳴き方も下手で、面白いです。(笑)
Commented by fucanon at 2016-07-13 22:32
itohnoriさん、こんばんは。
「今の若いもんは」・・・などと簡単にいいますが
若者でもそん所そこらの年寄りなんかより分別がつく若者もいるんですよね

ヒヨドリとクロツグミの決闘ですか
一瞬の出来事を見事に捉えましたね
どちらかと言えば、クロツグミに勝ってほしかったけど
引き分けでしたか
それにしてもどちらも怪我しないで良かったですね
Commented by wisteria at 2016-07-14 03:18 x
itohnori2さん、おはようございます。

これ、私もです。出会った人の顔を良く覚えない・・・まぁ歳のせいというより若い時からかな(^^ゞ
ヒヨドリとクロツグミの決闘・・・よくこんな場面に出くわしますね!
それを見事に撮影・・・いゃぁサスガです\(^o^)/
Commented by itohnori2 at 2016-07-14 08:52
Ironskyさん。ありがとうございます。
 他人の顔は一度だけでは覚えられないですね。
そして、何度も会って顔を覚えても名前を忘れていることが良くあります。

この池ではヒヨドリが小鳥を追い払う光景を良く見ます。
クロツグミやイカルは動じないことが多いのですが、今回は幼鳥なので驚いて飛び去りました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-14 08:52
hokkaido-tairikuさん、ありがとうございます。
 自分も年寄りなのですが、若い人の方がしっかりしている様に感じます。
趣味を持つ年寄りには我儘な人が多い様に感じます。

 撮影していた状況からすると、1枚目の方が、ピントが合うはずなのですが、2枚目の方が何故かピントが合いました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-14 08:53
Villanescoさん、ありがとうございます。
 クロツグミも成鳥ですと、ヒヨドリには動じないことが多いのですが、今回は幼鳥なので驚いたのかも知れません。
色々な鳥のヒナが見られるのですか!
それは絶好のチャンスですね。
写してアップして下さい。
Commented by itohnori2 at 2016-07-14 08:53
fucanonさん、ありがとうございます。
 ピラミッドの古い落書きにも、「今時の若い者は」と言うのがあったそうです。
しかし、年寄りの方が我儘な人が多い様に思います。

 クロツグミは出て来ても写さないことが多いのですが、一応ファインダーを覗いて確認することにしています。
すると、嘴を大きく開けて身構えたので何かあると思って連写しました。
今回は引き分けでしたが、先日オオルリのメスがヒヨドリを追い払う光景を見ました。
隣にいたバーダーさんも驚いていました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-14 08:54
wisteriaさん、ありがとうございます。
 確かに歳のせいだけではなさそうですね。
一度だけではなかなか覚えられないです。
しかし、顔は覚えているが、名前を忘れたと言うことが良くあります。
そして、全く関係ない時に思い出したりします。

 今回は全く予期していなかったので、偶然写せてラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< こんなクロツグミならば飽きたな... 水場のクロツグミ >>