人それぞれ


 先日、東京から来られた若いバーダーさんがいました。

他のフィールドでオオルリの幼鳥は写したのだが、成鳥を写していないので、是非とも写したいとのこと。

「オオルリの幼鳥なんか写しても仕方ない。」と言っていました。

私とその場にいた鳥友さんはオオルリの幼鳥狙い。

水辺に出て来るオオルリにはそれほど興味がありません。

人それぞれ、興味があるところが異なるのですね。

①オオルリ

その若いバーダーさんは粘りに粘って、水辺に出て来たオオルリを写せて、来た甲斐があったと喜んでいました。

そのオオルリの写真がこの様なものです。

d0334291_19435003.jpg

水辺のコルリ。

 いつも同じ様な絵になるので、上のオオルリ同様写せてもそれほど嬉しいとは思わなくなりました。

贅沢と言われるのは分かっていますが、…。

d0334291_19440800.jpg

③キビタキ オス 

 水場に出て来て、こんな石の上に乗ったりすると大喜びで連写してしまいます。

d0334291_19442288.jpg

④キビタキ メス?

 初心者の私にはオオルリのメスとの区別が付きません。

背中がオリーブ色気味なのでキビタキ メスの様な気がします。

d0334291_19443934.jpg

⑤ヒヨドリ

 午前中、鳥の出が悪かったので、写してしまったヒヨドリです。(笑

d0334291_19445214.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-07-23 07:00 | 野鳥 | Comments(14)
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-07-23 14:12
こんにちは!
本日拝見した中では、最後のヒヨドリが秀逸だと思います。
なかなか、こうした動きのあるヒヨ君をこのような雰囲気のある作品に仕上げるのは難しいです。
ピントも、周囲の添え物も過不足なく素晴らしいと思います。
私も、このレベルの作品を、安定して撮れるようになりたいものだと思います!
Commented by rabbitjump at 2016-07-23 14:57
人それぞれとはいえ、私には
どのお写真もいつも新鮮に輝いて見えます。
こんにちは!と挨拶しているようにも見えるし、
おすまししているようにも見えるし、
表情豊かで、癒されています。
ヒヨドリさんが実をくわえたこの姿、すごい!です。
写してしまった^^
このお写真は今日の最高傑作!(*^^)v
Commented by wisteria at 2016-07-23 15:28 x
itohnori2さん、こんにちは。

オオルリ・コルリ、成鳥・幼鳥云いません。撮りたいです\(^o^)/
キビタキ、撮りたいです\(^o^)/
ヒヨドリでも、こんな瞬間なら\(^o^)/
Commented by yuugesyou at 2016-07-23 16:47
itohnori2さん こんにちは!
オオルリの若は成長段階で変化するので 私は成鳥を撮るよりも若雄を撮りたいです。
人それぞれ拘りが有るのですから それはそれで好いんじゃないでしょうかね!
写せてもそれ程嬉しくないオオルリやコルリを綺麗に写されましたね。
ヒヨドリが咥えているのは桜の実でしょうか? 素晴らしい瞬間を捉えましたね。
Commented by itohnori2 at 2016-07-23 19:16
yumeoibitoさん、ありがとうございます。
 池では絵になる様な場所に鳥が出て来ることが少なくて、つい今シーズン初撮りとなる鳥を狙ってしまいます。
しかし、池でも出て来る鳥が限られていて、撃沈かなと思う時があります。
そんな時出て来て桜の実を啄んだのがヒヨドリでした。
珍鳥を追掛けるのではなく、どの様な鳥でも綺麗に写すことがモットーでしたが、忘れ勝ちになります。
そう言って頂いて、また初心に帰る気持ちになりました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-23 19:16
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 趣味なので、人それぞれ楽しく感じる所が異なるのでしょうね。
幸せの青い鳥を見たい、写したいと言う人が多い様に思います。
私は初心者のくせに、生意気にも水辺に出て来る鳥に興味を失いつつあります。
どうしても目新しいものを狙ってしまい勝ちです。
そうは言っても、鳥が出て来ない時は、仕方なくヒヨドリでも写してしまいます。
そう言って頂いて初心に帰る気持ちになりました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-23 19:16
wisteriaさん、ありがとうございます。
 オオルリやキビタキは渡りの途中で、平地に現れることがありますが、夏の間は標高の高い山に棲み付きますね。
平地で見られるのはヒヨドリくらいでしょうね。
Commented by itohnori2 at 2016-07-23 19:17
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 たまに、ハイキングの方が見えるので、写したオオルリを見セルと感激します。
バーダーの中にも、水辺のオオルリを喜んで写す人が多いです。
しかし、常連さんの中には、目新しい野鳥を待っている人もいます。
私も生意気にも、水辺の鳥には飽きて来て、目新しい鳥が出てくれないかと、思い勝ちです。
モットーであったどの様な鳥でも綺麗に写すことを忘れ勝ちです。
ヒヨドリを褒めて頂き、また初心に帰る気持ちが湧いて来ました。
咥えているのは、桜の実です。
Commented by ironsky at 2016-07-23 21:08
こんばんは。
野鳥を撮影していると、オスの方がきれいなことが多いので、メスが来るとがっかりする方が多いです。
また、幼鳥も色が良くないので、同じ扱いです。
鳥枯れの時期なら、メスでも幼鳥でも喜ぶ場合が多いのですが。
人間って勝手ですね。
Commented by fucanon at 2016-07-23 21:40
itohnoriさん、こんばんは。
オオルリ、コルリ、キビタキと池には沢山の鳥が出てくるようですね
オオルリ、コルリが写せてうれしくない・・・・・贅沢な悩みをお持ちですね(笑)
鳥枯れの時期にこれだけ出てくる場所もあまりないと思いますが
最後の桜の実を咥えたヒヨドリ、最高の作品になりましたね
主役のヒヨドリと脇役の桜の実がくっきりと
背景の色合いも素晴らしいと思います
皆に嫌われるヒヨドリだって、素晴らしい作品が作り出せるんですね
Commented by mitiko-aran at 2016-07-24 11:44
itohnoriさん
こんにちわ!
今日は、一日、庭の木々の剪定に、庭師さんが
来て来ますので、家に居たく無くて、泳いだり、鳥撮りに
行って来ました、
ウグイスの鳴き声を聞いただけで、収穫はゼロでした
若いバーダーさん、こんなに美しいオオルリに出会えて、
感激でしょうね、私だって、嬉しくて、舞い上がりますヨ!
キビタキの姫、水に浸かり、可愛い表情ですね
私も最後のヒヨの構図、大好き♪
この桜の実、数年前、美味しそうでしたので食べて見ましたが
苦くて、数時間、舌が痺れてたわ、
人間に毒でもヒヨには、ご馳走なのね、実まで美しいわ
Commented by itohnori2 at 2016-07-24 20:00
Ironskyさん、ありがとうございます。
 >人間って勝手ですね。
本当ですね。
私などは水辺に出て来る野鳥は当初は写しますが、そのうちに飽きてしまい、枝止まりを期待してしまいます。
でも、たまにこの水場に来られる人は水辺の野鳥を喜んで写します。
Commented by itohnori2 at 2016-07-24 20:01
fucanonさん、ありがとうございます。
 オオルリ、コルリは大勢の人が喜んで写します。
常連さんの中にも喜ぶ人が沢山います。
私は生意気にも水辺の野鳥は同じ様な絵になってしまうので、枝止まりして欲しいなぁと思ってしまいます。
でも、目新しい野鳥を期待していることも事実です。
 ヒヨドリは写すものがなかったので、お遊びで写してしまいました。
しかし、私のモットーは目新しくなくても、綺麗に写すことでした。
お褒め頂き、それを再認識出来ました。
ありがとうございました。
Commented by itohnori2 at 2016-07-24 20:02
mitikoさん、ありがとうございます。
 お庭の木々が剪定されて、さっぱりして涼しさが増すのではないでしょうか。
今は平地では何処でも鳥枯れの様ですね。
そのうちに、ヒナが見られる時期が来るのではないでしょうか。

 オオルリを写せたら、感激するでしょうね。
たまに、ハイカーが来て、何がいるの?と聞かれるので、オオルリの写真を見せてやると感激します。
ヒヨはお遊びで写したのですが、皆さんにお褒め頂き、初心に帰ることを認識させて頂きました。
桜の実は美味しそうに見えますね。
私も子供の時、食べてがっかりした記憶があります。
名前
URL
削除用パスワード


<< この時期限定 お馴染みさんの幼鳥 キビタキの幼鳥 >>