水場のオオルリ


 今季は他の場所でオオルリを写しているので、水場の在り来たりの写真には魅力を感じなくなりました。

しかし、ここでは多くのCMがオオルリの出て来ることを期待して待っています。


d0334291_19164583.jpg

d0334291_19165571.jpg


少し前に写したものですが、やはり枝止まりの方が良いですね。


d0334291_19172304.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-05-31 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by impact4642 at 2017-05-31 07:28
おはようございます(^-^)/
私の撮影エリアだと、オオルリ自体が稀な鳥なので、
現れたら何処でも撮っちゃいますね(*^^*)
枝でも、水場でも良いから、毎年会える環境が欲しい
ですね(゚∀゚)
特に水浴びで、クチャクチャになった鳥は可愛いです♪
Commented by mitiko-aran at 2017-05-31 08:29
itohnoriさん
おはようございます
在り来たりの水場のオオルリには、興味が無いなんて!
出会った事の無い、私から見ると、贅沢だし、、凄く
羨ましいわ、
枝の新葉も美しいし、バックもスッキリしてて、
素敵ですね
Commented by itohnori2 at 2017-05-31 09:54
impactさん、ありがとうございます。
 オオルリは渡る途中のものを、近場で見られることがありますね。
私は野鳥撮影を始めた頃、近くの里山でそれも5mくらいの距離で写せたことがありました。
何日か滞在していたのか、次から次へと渡って来たのか分かりませんが、こんなに簡単に写せるものかと思ってしまいました。
しかし、翌年から全く見られなくなりました。
野鳥の動向は毎年同じと言う訳には行かないですね。
 秋に近くの公園で、南に帰る途中のオオルリの幼鳥を写したこともあります。
御地でも、そんなチャンスがあるかも知れませんので、頻繁に通うことが重要ですね。
Commented by itohnori2 at 2017-05-31 09:54
mitikoさん、ありがとうございます。
 本当に、写したことが無い人からは顰蹙を買いそうな記事ですよね。
人間無い物ねだりと言うか、同じものは飽きてしまうのですね。
でも、飽きてしまうほど写せる環境は、本当はありがたいことなのですね。
私は珍鳥を狙っている訳ではないのですが、水辺の野鳥は絵になり難いので、つい愚痴が出てしまいます。
この場所では③の様なすっきりとした場所で写すチャンスは非常に少ないです。
Commented by rabbitjump at 2017-05-31 19:27
水場の姿もいいですよ、
青い姿の枝止まりは爽やかな季節の到来を思います。
素晴らしいですね。
Commented by yuugesyou at 2017-05-31 22:44
itohnori2さん こんばんは!
オオルリをあまり写していないCMはオオルリが出て来るのを待っているでしょうけど
何時も同じような画を撮っていると飽きて来ますね。
水場がもう少し綺麗なら 見られる画になるのですが池も例の場所も枯葉が煩いですね。
やはり3枚目のようなスッキリした綺麗な枝止まりが好いですね。
Commented by itohnori2 at 2017-06-01 13:27
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 水場のオオルリは毎年沢山写していましたので、最近飽きて来ました。
でも、オオルリ自体を写したことが少ない人もいますので、私のは贅沢な悩みかも知れません。
仰る様に、枝止まりのオオルリは周囲と相まって初夏を感じさせますね。
Commented by itohnori2 at 2017-06-01 13:27
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 池で野鳥を写し始めた頃は、枯れ落ち葉が汚くても、写せたことで満足していました。
しかし、毎年同じ様な絵で汚い枯れ落ち葉が写っている絵を写していると、飽き足らなくなって来ました。
例の場所は根っ子の上や、運が良いと枝止まりが写せるので、マシの様な感じがします。
しかし、出て来る種類が少ないのと、場合によっては出が悪いと言う欠点がありますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< クロツグミの水浴び 最近市内の公園で写した野鳥 >>