クロツグミ


 この個体は比較的警戒心が薄いので、メスかと思ったのですが、オスの若の様な気もします。

MFの池では、遠くで上から見下ろす様に写すことが多くて絵にならないことが多いです。

そのため、「クロツグミはもう飽きた。」なんて言って、クロツグミを写す機会の少ない方から顰蹙を買っている様に思います。

今回は、近くでしかも目線付近、また枝止まりが写せたので飽きたなんて言いません。(笑



d0334291_15435350.jpg

d0334291_15440708.jpg

d0334291_15442356.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-06-11 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by yuugesyou at 2017-06-11 10:17
itohnori2さん こんにちは!
クロツグミを綺麗に写されましたね。
私が行った時も水を浴びに下りて来たので あまり警戒心が強くないみたいですね。
でも その時のクロツグミは もっと黒くて嘴もオレンジ色が濃かったので成鳥でした。
背中の黒が真っ黒でないところを見ると幼鳥ですかね? だとしたら警戒心は薄いですね。
いずれにしてもクロツグミを写したいと思っている方からすれば涎ものでしょうね!

Commented by mitiko-aran at 2017-06-11 11:14
itohnoriさん
こんにちわ!
本当に美しい姿のクロツグミですね
一枚目なんて!舞台装置万全ですね
青々とした、綺麗な水草の上のクロツグミ、凄く
美しいです
二枚目も素敵な木に止まり、周りが幻想的に
暈して居ますし、この子、本当に若らしいですね
は~い!クロツグミ写したい、写したいですから、
どんな姿でも大歓迎です
Commented by wisteria at 2017-06-11 14:02 x
itohnori2さん、こんにちは

枝かぶりも無く、目もバッチリ・・・こんな感じで野鳥が見られません!
クロツグミ・・・そんな贅沢は言ってないんだけどなぁ(^^ゞ
Commented by itohnori2 at 2017-06-11 15:04
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 池ではいつでも写せるのですが、遠い上に背景が汚いので、何回か写すと飽きてしまいます。
例の場所で、成鳥のクロツグミを写せるのは余程鳥運が良いですね。
出て来ても、写す間もなく飛び去ってしまいます。
この個体はメスかなと思ったのですが、オスの幼鳥の様な気もしますし、初心者には良く分からないです。
そうなんですよね。
池では簡単に写せるので、何処でも写せるのかなと思っていたのですが、なかなか写せない鳥なんですね。
Commented by itohnori2 at 2017-06-11 15:04
mitikoさん、ありがとうございます。
 いつも枯葉の上にいるクロツグミを写しているので、緑の上で写せて嬉しくなりました。
いつも、藪から歩いて出て来るので、枝止まりは写す機会が少ないです。
幼鳥でも、枝止まりを写せると、ヤッターと言う気分になります・。
毎夏、クロツグミは何枚も写しているので、簡単に写せる鳥かなと思っていたのですが、他では写すのが難しい鳥なのですね。
mitikoさんも移動途中のクロツグミに出会えると良いですね。
Commented by itohnori2 at 2017-06-11 15:04
wisteriaさん、ありがとうございます。
 野鳥は水場で写せると、全身綺麗に写せますね。
ただ、野鳥が来る水場を見つけるのが大変ですね。
渋川の公園でも、移動途中のクロツグミが見られることがあります。
或いはM公園でも見るチャンスがあるのかも知れません。
Commented by ironsky at 2017-06-11 21:23
こんばんは。
ツグミの仲間は、だいたいが地面で餌をあさっていますね。
枝に止まったところ、それにアイキャッチもバッチリ。
素晴らしいですね。
Commented by itohnori2 at 2017-06-12 08:40
Ironskyさん、ありがとうございます。
 水辺に出て来る鳥は、枝に止まることが少なく、止まっても見付けることが困難ですね。
今回は偶然ですが、枝に止まったところを写すことが出来てラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 清楚で芳香のある花、オオヤマレンゲ 雪融けの谷川岳 >>