背中の斑模様が無くなったオオルリ オスの若


 ①~③は8月5日に写したものです。

背中の斑模様が殆ど分からなくなっています。


d0334291_10072052.jpg


d0334291_10073866.jpg

d0334291_10075196.jpg

 ④~⑤は7月31日に写したものです。

未だ、背中の斑模様がはっきり見えます。

同じ個体との確証はないのですが、ここに何個体も居ることは考えられないので、同じ個体の確率が高いです。

5日間くらいで、こんなに変わるのですね。


d0334291_10080915.jpg

d0334291_10082207.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-08-07 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by wisteria at 2017-08-07 16:03 x
itohnori2さん、こんにちは。

すっかりオオルリという感じに見えて、それでいて若という印象を漂わせる。。。
いい感じの時期ですね!こんなのに出会えることができるようになるんだろうか(^^ゞ
Commented by itohnori2 at 2017-08-07 16:54
wisteriaさん、ありがとうございます。
 斑模様がある方が良いと言う人と、斑模様があるのは汚いと言う人がいます。
人それぞれなのですね。
昨年秋に、下の公園で移動途中のオオルリを写しました。
未だ、斑模様がばっちり残っていました。
或いは、M公園でも見られるかも知れません。
Commented by rabbitjump at 2017-08-07 17:00
↓のオオルリとキビタキの一緒の貴重なシーンと同じように
貴重なお写真ですね。
こんなにも羽が変わるのですね~
感動しながら拝見致しました。
Commented by yuugesyou at 2017-08-07 23:05
itohnori2さん こんばんは!
31日に写した個体と同じかどうか分からないですけれど
一週間も経たないうちに斑模様が目立たなくなっていますね。
いずれにしても期間限定なので貴重な画になりますね。
1枚目は背景がスッキリしてて綺麗な画になりましたね。
Commented by itohnori2 at 2017-08-08 08:21
rabbitjumpさん、ありがとうございます。
 今幼鳥が現れる時期になりました。
幼鳥は比較的警戒心が薄くて、サービスしてくれます。
そして、同時に出てくれることが多いです。
でも、異種の鳥を同じ画面に入れる機会は少ないので、そんな場面を写せると嬉しくなります。
そして、野鳥の成鳥は早いのですね。
秋には南の島に渡って行くので、それだけの成長が必要なのでしょうね。
Commented by itohnori2 at 2017-08-08 08:22
yuugesyouさん、ありがとうございます。
 同じ個体と言い切れないのですが、同じである確率はかなり高いですよね。
1週間も経たないのにこんなに変化するとは驚きですね。
ただ、昨秋に渡りの途中のオオルリ若をS公園で写しましたが、未だ斑模様が十分残っていました。
オオルリでも、2番子、3番子なんて言うのがあるのでしょうか?
1枚目はお陰様で、写すことが出来ました。
しかし、こんなに早く乗ってくれるとは思ってもいませんでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 赤と黒 強面の野鳥が続きます >>