カテゴリ:未分類( 19 )

慎重に、慎重に(2ショットシリーズ)


 2回続けて鳥の名前を間違えた記事を書いてしまいました。

エゾビタキかサメビタキかの区別は初心者ならば、分からなくても仕方ない様に思いますが、ノビタキをモズと間違えてしまうなど、恥ずかしい限りでした。

だからと言って、慎重にやる性格ではなくて、早とちりする性格のため、今後も間違いが多いと思いますのでよろしくお願い致します。

エゾビタキを写していると、2羽が同じ画面に入って来てラッキーと思いました。

しかし、後ろの鳥にピントを合わせると、エゾビタキではありません。

横姿勢で止まっているのでキビタキと思いましたが、どう見てもオオルリのメスですよね。
渡りの途中で立ち寄ったものと思われます。

いつも写している場所と異なる場所では、途端に分からなくなります。


d0334291_15552122.jpg

d0334291_15554162.jpg

こちらの2羽はエゾビタキで間違いないでしょう。


d0334291_15563689.jpg

d0334291_15565273.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-10-13 07:00 | Comments(10)

水場のキビタキ


 この水場にはキビタキのメスタイプ(含む 幼鳥)が良く出て来ます。

3個体以上いる様に思うのですが、今回は3個体紹介致します。

オスは2個体いると思いますが、出て来ることは稀です。

今回は紹介するものは全部同じ個体と思います。


①オス
d0334291_17052934.jpg
②オス
d0334291_17054021.jpg
③オス
d0334291_17060213.jpg
④幼鳥
d0334291_17065360.jpg
⑤メス
d0334291_17070713.jpg
⑥幼鳥
d0334291_17072222.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-08-27 07:02 | Comments(6)

久しぶりのエナガ


 今季は水場でエナガを見る機会が少ない様に感じる。

久しぶりに現れたエナガなのだが、動きが速くて追いかけるのが大変。



d0334291_14100430.jpg

d0334291_14101806.jpg

d0334291_14103113.jpg

d0334291_14104766.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-08-17 07:08 | Comments(8)

こんなシーンは貴重かな


 オオルリ オス若とキビタキ オス1年生が偶然同じ枝に止まりました。

こんなシーンには滅多に出会えない様に思います。



d0334291_14564310.jpg

d0334291_14565857.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-08-04 06:55 | Comments(8)

オオルリの幼鳥


 梅雨が明けたと言うのに、雨が続いていて撮影に出られずストレスが溜まっています。

そんな中、28日は曇空であるものの雨は夜まで降らないと言う予報でしたので、ダメ元で水場に出掛けて見ました。

現地に着くと、霧が撒いていて暗くて、野鳥が出たとしても良く見えない状況でした。

付近には水溜りが沢山あり、一般的には鳥が出ないと言われている状況でもありました。

でも、寒がり屋の私が暑く感じたので、或いは鳥が水浴びに来るかもと淡い期待を抱いていました。

正午頃に明るくなって、鳥が少し出て来ました。

そんな中に、オオルリの幼鳥が2度出て来ました。

余り良い絵が写せませんでしたが、期待していなかっただけに、満足な気分になりました。


d0334291_15290430.jpg

d0334291_15291973.jpg
非常に分かり難いアングルですが、縦姿勢で止まっているので、オオルリの幼鳥の様に思います。

かなり幼い感じがしませんか?


d0334291_15293496.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-31 07:00 | Comments(8)

クロツグミの幼鳥に似ているアカハラの幼鳥


 ちょっと見、クロツグミの幼鳥に見えます。

しかし、これはアカハラの幼鳥。

見分けるポイントは、嘴が黄色くないことと、お腹の黒班がクロツグミよりも沢山あることです。

この子は水場に何度も現れて、長時間遊んでくれました。

クロツグミだと警戒心が強くて、直ぐに逃げ去ってしまいます。



d0334291_17101658.jpg

d0334291_17103236.jpg

d0334291_17104594.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-16 07:12 | Comments(9)

オオルリ


 今季はオオルリが桜の木に止まって花とのコラボを写すことが出来ました。

シーズン初めにそんなラッキーと出会うと、それより良い絵は写せないだろうと思って、写す意欲が少し薄れて来ます。

しかし、写して見ると、綺麗で魅力的な鳥であることに気づきます。



d0334291_16574690.jpg

d0334291_16580125.jpg

d0334291_16581733.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2017-05-17 06:59 | Comments(6)

ルリビタキ


 ペン画にするのか、水彩画にするのかどっちつかづで中途半端。

下手な写真を載せるのは何のためらいもないのに、下手な絵を載せるのは恥ずかしい。

何故なのだろう?

と言いつつも、載せてしまう年寄りの厚かましさ。



d0334291_19200611.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-03-30 07:18

2016年を振り返って(4月上・中旬編)…アカゲラ、メジロ、エナガ、マヒワ


既に何度か説明していますが、12月には今年1年を振り返って見ることにしています。

4月は上旬が鳥枯れになりました。

それで近くの自然園で花を写したりして凌いでいたのですが、市内の公園で偶然枝垂桜を背景にアカゲラを写すことが出来ました。


①アカゲラ

d0334291_20003638.jpg



 中旬には残り桜とモミジの新芽の中で、メジロやエナガやマヒワを写すことに熱中しました。

②メジロ

d0334291_20023417.jpg

③エナガ

d0334291_20024948.jpg

④マヒワ

d0334291_20030878.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-12-10 07:00 | Comments(10)

見つめ合う二人(もとい、キビタキでした)…野鳥のコラボシリーズ2


 MFの池では、野鳥の出が悪くなって来たのですが、同じ画面に複数の野鳥を写せる機会が多くなりました。

同じ種類、或いは違った種類の野鳥でも、複数いると仄々とした感じに写ることがあります。

そこで、複数の野鳥が同じ画面に写っているシーンを、勝手に“野鳥のコラボ”と定義づけて載せることにしました。

 番(つがい)なのでしょうか?

ラブラブなシーンが良く見られます。


d0334291_19542563.jpg

d0334291_19543959.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-09-14 07:00 | Comments(10)