カテゴリ:花( 42 )

ハンショウズル


 下向きに咲く花の形を半鐘に喩えて名付けられたハンショウズル。

目立たない花ですが、好きな花です。

私が写している横を何人もの方が通り過ぎたのですが、見向きもしません。

足元に咲いていたタツナミソウに興味を持って立ち止まる人もいましたが、ハンショウズルには気が付かなかった様です。

それ程、目立たない花です。



d0334291_15435535.jpg

d0334291_15441153.jpg

d0334291_15443329.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-06-14 07:00 | | Comments(12)

清楚で芳香のある花、オオヤマレンゲ


 「オジサーン」と声を掛けられた。

振り向くと、職員さんが、「オオヤマレンゲを見ましたか?」と言う。

その前に写して、他の場所を回って近くを通りかかったので、声を掛けてくれた様だ。

お礼を言って写したことを伝えたが、此方では余り見かけない花なので、赤城自然園では自慢の花の様だ。

谷川岳が北東限の花の様だが、私は自然の状態で見たことがない。



d0334291_16490719.jpg

d0334291_16492371.jpg

d0334291_16493761.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-06-12 07:00 | | Comments(10)

ポピー


 母の実家が赤城山の麓の小高い所にあります。

畑の一画にポピーが沢山植えてあり、今を盛りと咲いております。

遠くに見えるのは、榛名連邦です。



d0334291_16370905.jpg

d0334291_16372452.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-05-24 07:00 |

赤城自然園駆け歩記(後編)

2017、私のゴールデンウィーク!

前回の続きです。

第一の目当てはツバメオモトでした。

この白くて小さな花が大好きです。

名前の由来は「葉が開くのを刀の鍔に見立てて、鍔の芽→ツバメ」、「果実の色がツバメの頭に似ていることから」、「ツバメの咲く時期に花が咲くから」など諸説ある様です。

d0334291_11340247.jpg

しかし、思わぬ所でクマガイソウを見つけて得した気分になりました。

d0334291_11341913.jpg

ルイヨウボタンとヤマシャクヤク

d0334291_11343652.jpg

オキナグサ

d0334291_11344755.jpg

マムシグサとニリンソウ

d0334291_11350861.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-05-10 07:00 | | Comments(6)

赤城自然園駆け歩記(前編)

2017、私のゴールデンウィーク!

 GWを自然の中でのんびり過ごす人が多いですね。

赤城自然園でものんびりと花を見ながら、自然の中を散策している人が大勢いました。

しかし、私には悪い癖があります。

写したい花が何処にあるか大体分かっているので、急ぎ足でその場に行き、急いで写して次の花の場所に。

そして写し終わると、急いで帰ってしまいます。

今回もそんな撮影をして帰って来ました。

シラネアオイ

d0334291_11190589.jpg

ヤマシャクヤクとヤマブキソウ

d0334291_11192608.jpg

ウラシマソウ

d0334291_11194317.jpg

マイズルソウ

d0334291_11195895.jpg

チゴユリとヤマブキソウ

d0334291_11201197.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-05-09 07:00 | | Comments(14)

タマザキサクラソウ、ウスバサイシン、リュウキンカ、ヒマラヤユキノシタ?

 赤城自然園ではこれから色々な花が咲いて賑やかな季節になります。

今回は比較的早い時期に咲く花を紹介します。

①タマザキサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)

d0334291_17014586.jpg

②ウスバサイシン(ウマノスズクサ科カンアオイ属)
 花が地面から直に出ている様に見える。

花弁に見える部分は萼とのことです。

d0334291_17021896.jpg

③リュウキンカ(キンポウゲ科リュウキンカ属)

d0334291_17023553.jpg

④ヒマラヤユキノシタ?

 職員さんはイワウチワと言うのですが、葉っぱの似ているヒマラヤユキノシタの様な気がします。

d0334291_17025398.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-04-18 07:04 |

カタクリが咲き始める


 平地では既にカタクリは見頃を過ぎている所もあると思いますが、標高700mにある自然園ではこれからが見頃。

咲き始めのカタクリは傷みがなくて綺麗です。



d0334291_16310149.jpg

d0334291_16311512.jpg

d0334291_16313235.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-04-16 07:00 |

ヒトリシズカ


 大木の根元、洞に抱かれるかの様に、ヒッソリと咲き出したヒトリシズカ。

センリョウ科チャラン属の多年草。

チャラン属にはフタリシズカも含まれるとのことです。

意外なのは、冬に赤い実のなるセンリョウと同じ科と言うことです。

d0334291_16462221.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-04-14 07:00 |

ビタミンカラーのフキタンポポ(キク科フキタンポポ属)


 セリバオウレンを写して帰りかけると、“頑固親父の探鳥記”さんにお会いした。

やはり目当てはセリバオウレンとフキタンポポとのこと。

既に、フキタンポポは写して来られたとのこと。

私は帰りの途中で写して来ました。

この黄色い花には元気を貰えます。



d0334291_14095292.jpg

d0334291_14100961.jpg

d0334291_14102353.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-04-09 07:00 | | Comments(8)

冬枯れの林の中にひっそりと咲くセリバオウレン(キンポウゲ科オウレン属)


 例年、セリバオウレンを写しに行くのですが、手遅れのことが多い。

昨年は見頃に間に合ったと思ったら、鹿に喰われて僅かしか残っていなくて悔しい思いをしました。

今年は赤城自然園のHPに写真が載っているので、遅れない様にと4月3日に行って見ました。

しかし、いつも沢山生えている所は鹿に食べられて全滅。

職員さんに別の場所を教えて貰い何とか写して来ました。

冬枯れの林の中、落ち葉の間から健気に咲いている小さな白い花。

木道に寝転んで写して来ました。



d0334291_14164363.jpg

d0334291_14165604.jpg

d0334291_14170914.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-04-05 07:14 | | Comments(14)