<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

水場のカケス


 カケスも当地では留鳥或いは漂鳥になる様です。

1年中写すことが出来ます。



d0334291_19284945.jpg

d0334291_19290713.jpg

d0334291_19292529.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-05-31 07:00 | 野鳥 | Comments(14)

オオルリ


 これはGW頃に写したものです。

最近は水辺に出て来るのですが、そこから葉っぱの茂った木に止まって羽繕いしています。

そのため、葉っぱの陰に隠れて、枝止まりを写すのが困難になりました。



d0334291_19424741.jpg

d0334291_19430283.jpg

d0334291_19431684.jpg

d0334291_19433320.jpg












[PR]
by itohnori2 | 2016-05-30 07:00 | 野鳥 | Comments(14)

ゴジュウカラ


 今回の写真はGWに写したものです。

GWの頃は、かなり近くまで寄って来たゴジュウカラですが、最近は遠い水辺にしか現れなくなりました。



d0334291_09493911.jpg

d0334291_09495587.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-05-29 06:47 | 野鳥

イカル


 イカルは当地では、留鳥或いは漂鳥になる様です。

冬には平地で、夏にはこの水場で見られる鳥です。



d0334291_19092511.jpg

d0334291_19094570.jpg

d0334291_19100436.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-05-28 07:00 | 野鳥 | Comments(10)

やっと写せた、アカゲラ


 前回、狙った鳥1種が写せたと書きましたが、それはアカゲラでした。

警戒心が強くて、CMが多いと水場に降りて来ません。

今回は団体さんが昼飯を食べに行って、CMが4人だけでした。

池の一番遠い所に出ましたので、解像度が良くありません。



d0334291_16561148.jpg

d0334291_16562961.jpg

d0334291_16564843.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-05-27 06:54 | 野鳥 | Comments(14)

最悪の日


 昨日は一日中曇で雨は降らないとの予報。

「警戒心の強い野鳥はピーカンの日よりも出る確率が高い。」などと勝手な理由を着けて、MFの池に出掛けました。

ところが、池に着いた途端に小雨が降り出しました。

簡易的な屋根があるので、車に戻るよりもそこで雨宿りした方が濡れないで済む。

その内止むだろうと思いましたが、一向に止みません。

すると、池の向こう側に動物が現れました。

この間、見かけて写せなかったテンかなと思ったのですが、良く見ると野良犬。

野生の動物はこの距離でも人間を見ると逃げるのですが、野良犬は逃げません。

獰猛そうではありませんが、こちらはたった一人。

襲われたら困ると思い、三脚を武器代わりに使おうと、カメラを三脚から外しました。(笑

そうこうしているうちに、前橋から来られたご夫婦が見えました。

クロツグミとマミジロが写したくてやって来たとのこと。

超望遠のコンデジで写している人で、珍しい野鳥が写せればそれだけで満足出来る人の様だ。

クロツグミのオスとメスが何度か水辺に出たのを写せて大満足の様子。

 10時頃雨が止んだのですが、今度は都内から来たと言う野鳥観察の30名の団体。

こんな狭い所に30名も来られると困るのだが、そう言う人達は他人のことなどお構いなし。

満員電車みたいに、人の直ぐ隣に立つ。

それ程声が大きい人はいないのですが、それでも警戒心の強い野鳥は出てきそうもありません。

その人達が昼飯を食べに行っている間に、狙いの鳥が一種出てサービスしてくれたのですが、後2種は期待出来ないので、いつもよりも大分早く1時半に撤収しました。

その人達は、伊香保に泊まって今日また池に行くとのこと。

天候が回復するので、昨日と違ってカメラマンが増えると予想されます。

今日は大混雑が予想されます。

私は行かない。(笑


d0334291_17340289.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-05-26 07:00 | 動物

カオジロガビチョウ?


 聞き慣れない鳴き声にふと見上げると、お隣のアンテナに見たことが無い鳥が。

当地では、この大きさの鳥と言えば、ヒヨドリとムクドリ、それと最近進出して来たカオジロガビチョウ。

消去法で行くと、カオジロガビチョウの若の様な気がします。

とすると、当地でも繁殖し始めたのかも知れません。

生態系に影響がなければ良いのですが、…。


d0334291_17073517.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-05-25 07:05 | 野鳥

コサメビタキ


 コサメビタキはボンヤリしていると、キビタキのメスと勘違いしてしまいます。

キビタキ メスと思って、写さなかったらコサメビタキだったと言うことがありましたので、その後は何でも写す様にしています。

コサメビタキは、下嘴基部が山吹色で、白いアイリングが特徴ですね。



d0334291_19443024.jpg

d0334291_19444808.jpg

d0334291_19450280.jpg

d0334291_19451436.jpg

d0334291_19454040.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2016-05-24 07:00 | 野鳥 | Comments(16)

水場のカワラヒワ


 水場のカワラヒワは写した記憶がありません。

狙いの野鳥が出てくれれば、写さないのですが、…。



d0334291_09230425.jpg

d0334291_09240429.jpg

d0334291_09251667.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-05-23 07:00 | 野鳥

水場のウグイス


 ヤブサメほどではありませんが、ウグイスも藪の中に居ることが多くて、目にすることが少ない野鳥ですね。

水場に出て来ても、激しく動き回り、写すのが大変な野鳥です。



d0334291_19492834.jpg

d0334291_19494481.jpg

d0334291_19495951.jpg

d0334291_19501226.jpg

d0334291_19502579.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-05-22 06:43 | 野鳥 | Comments(13)