<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

またまた、サンコウチョウ。おまけは野兎の証拠写真


 昨日は朝まで雨が降っていて、昼間はどんよりとした曇りの日。

これでは池に行っても、撃沈するだけと思い、近くの里山に行くと、鳥友Iさんがいました。

二人でサンコウチョウを探したのですが、流石にベテランのIさんは見つけるのが早くて、私の方は助かります。

目線の高さに現れたサンコウチョウも私だけでは気が付かなかったと思います。

遠い所ですが、野兎もIさんが見つけてくれました。


①道路の端に植えてあるモミジの枝、それも目線の高さに出たサンコウチョウ

d0334291_19233734.jpg
d0334291_19235598.jpg

②暗い曇り空。露出補正を目一杯プラスにしたのですが、シルエット状になってしまいました。

d0334291_19242404.jpg

③おまけは、野兎の証拠写真

d0334291_19244597.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-06-30 07:00 | 野鳥 | Comments(20)

赤城自然園の夏の花 その1 ヤナギランなど


赤城自然園は整備のため閉園中であるが、年パス保持者を対象に6月24日、25日に特別開園されたので行って来ました。

ヤナギランを初めとして、夏の花が咲いていましたので3回に分けて紹介致します。

①ヤナギラン

 アカバナ科ヤナギラン属の多年草

 名前の由来は、「柳の葉に似た葉を持つ、蘭の花に似た花」から来ているとのこと。

d0334291_19493207.jpg

②シキンカラマツ
 キンポウゲ科カラマツソウ属

 長野、群馬、福島の3県に分布する。

d0334291_19500444.jpg

③シロバナイチヤクソウ

 ツツジ科イチヤクソウ属の常緑の多年草

 赤城自然園では一株だけ生えているが、小さいのでうっかりすると見落としてしまいそうです。

d0334291_19510137.jpg

④オオヤマレンゲ

 モクレン科モクレン属の落葉広葉樹

 時期遅れで見られないと思っていたが、一輪だけ残っていました。

d0334291_19512179.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-06-29 07:00 | | Comments(13)

センダイムシクイ


 昨日は晴れ。

豊漁を期待して水場に行きました。

しかし、現れるのはクロツグミだけ。

見事に撃沈しました。

最近、この水場に慣れていない人が来ます。

その中に自分勝手と言うか、我儘と言うか、マナーを知らない人がいます。

昨日はビデオカメラを持って現れた人が、「音楽をかけて良いですか?」と言います。

それを聞いた私は唖然としました。

聞けば、写した鳥のビデオをTVで放映して見るとのことですが、BGMとして入れたいとのこと。

編集する時に、音楽を入れれば良いと思うのですが、その方法を知らないとのこと。

そんなことが野鳥撮影地で罷り通ると思っているのか不思議になります。

まだ、変な人がいますが、長くなるので別の機会にしたいと思います。

さて、野鳥ですが

鳥友さんがセンダイムシクイの幼鳥を写しておられました。

とても可愛いので写して見たいと思っています。

しかし、写すに至っておりません。

少し前に写したセンダイムシクイをアップ致します。


d0334291_19360495.jpg

d0334291_19361780.jpg

d0334291_19363149.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-06-28 07:00 | 野鳥

怪獣状態のヒガラ


 水浴びして、羽毛が乱れて怪獣状態になったヒガラが目の前のモミジの枝に飛んで来ました。

これだけ近いと怪獣状態でも写してしまいます。(笑



d0334291_11270948.jpg

d0334291_11272430.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2016-06-27 07:00 | 野鳥

サンコウチョウ


 昨日も、曇り空。

水場がある山が見えたり、見えなくなったり。

一昨日よりも良いのかも知れませんが、土曜日なので混雑しているかも。

それで近くの里山へサンコウチョウを狙って行きました。

巣の在りかが分からないので、闇雲に歩き回って探すしかなく、一応写せたのですが、冴えない写真となりました。



d0334291_19530425.jpg

d0334291_19531916.jpg

d0334291_19533495.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-06-26 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

涼し過ぎるお山で鳥見


 昨日、朝起きて見ると水場のある山が薄っすらと見えていました。

天気予報では昼間は曇、夜から雨でした。

余り期待出来なかったのですが、もう何日も撮影に行っていないので、出かけて見ました。

水場に着くと、神奈川県の海老名市から来たバーダーさんが2名いました。

前日、新潟でチゴモズを写して、昨夜は伊香保温泉に泊まって、水場へは朝早く来たとのこと。

狙いはマミジロとのことでしたが、雨続きの後では野鳥は出て来ません。

兎に角、涼し過ぎます。

その方達はこんなに寒いのですかと意外な感じ。

昨日の新潟は暑くて堪らなかったとのこと。

そんな気温のためか、クロツグミとキビタキしか出てくれません。

その方達は正午で撤収しましたが、私はもう少し粘って見ることにしました。

昼飯を食べ終わるとオオルリが出ましたが、それ以外何も出ません。

そうこうしているうちに、雨が降り出して来ましたので、撤収しました。

結局、もう飽きたと言っていた水辺の野鳥を写すしかなかった鳥見でした。


①ヤマガラの幼鳥

d0334291_20150791.jpg


②キビタキ オス

d0334291_20175816.jpg

③キビタキ メス

 多分キビタキのメスと思いますが、私にはオオルリのメスとの区別が付きません。

d0334291_20182210.jpg

④クロツグミ オス

 真っ黒で綺麗な色のクロツグミです。

d0334291_20195623.jpg


⑤クロツグミ オス若

 クロツグミの真上をヒヨドリが飛んでいますが、ブレていますので分かり難いですね。

一応狙って写して見たのですが、…。

d0334291_20203968.jpg

⑥オオルリ

d0334291_20210421.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-06-25 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

オタクサ(アジサイ)


 曇や雨が続くので、雨の止み間を選んで久しぶりに市内の公園に出掛けて見ました。

この公園は標高600mにあるため、平地よりも少し遅れて、アジサイが見頃でした。



d0334291_11343089.jpg

d0334291_11350222.jpg

d0334291_11352299.jpg

G3の独り言

「鎖国時代に長崎の出島に滞在していたシーボルトがアジサイを彼の愛人お滝さんの名をとってオタクサと名付けた。」と有名な植物学者牧野富太郎が推測している。

しかし、牧野富太郎博士の名前とオタクサの由来を知る人は年々少なくなって居る様に感じて寂しい。


④野鳥は居るのですが、お馴染みさんばかり。

 それも、写せる所には出て来ません。

 カワラヒワをやっとのことで写せました。


d0334291_11363420.jpg


⑤ホタルブクロが見頃でした。

d0334291_11371130.jpg

[PR]
by itohnori2 | 2016-06-24 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

水場のマミジロ


マミジロ オス

 「マミジロが出たよ。」と教えて貰ったが、私の位置では葉っぱの陰で見えない所でした。

CMで一杯で、大砲を見える所まで動かす余地がありません。

仕方なくサブ機を持って、他のCMの後ろに移動して写しました。

手持ちのサブ機では上手く写せる訳がありません

オスは今季初撮りなので、こんな写真でも我慢するしかありません。


d0334291_19182512.jpg

マミジロ メス

 これは以前写したメスのマミジロです。

d0334291_19194784.jpg

d0334291_19191946.jpg










[PR]
by itohnori2 | 2016-06-23 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

久しぶりのアップ…オオルリ


 オオルリは写せるのですが、水辺ばかり。

何度も同じ様な絵をアップすることになりますので、控えていました。(①参照)

今回、ブレていますが、何とか見られそうな飛翔シーンを写せたので、アップして見ます。(②、③参照)



d0334291_19253794.jpg

d0334291_19255603.jpg

d0334291_19261338.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2016-06-22 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

ヤマガラの幼鳥


 平地ではいろいろな野鳥の幼鳥が見られる様になっている様ですが、標高1000mの水場ではやっとヤマガラの幼鳥が見られる様になりました。

ヤマガラ特有のオレンジ色は未だ出ていないですね。

30mくらい先の暗い所の小さな鳥ですから、上手く写すことが出来ませんでした。

これからいろいろな野鳥の、今年孵った幼鳥が出て来ると思いますので、それが楽しみです。



d0334291_19213738.jpg

d0334291_19215003.jpg

d0334291_19222881.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-06-21 07:00 | 野鳥 | Comments(16)