<   2017年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

オオルリの幼鳥


 梅雨が明けたと言うのに、雨が続いていて撮影に出られずストレスが溜まっています。

そんな中、28日は曇空であるものの雨は夜まで降らないと言う予報でしたので、ダメ元で水場に出掛けて見ました。

現地に着くと、霧が撒いていて暗くて、野鳥が出たとしても良く見えない状況でした。

付近には水溜りが沢山あり、一般的には鳥が出ないと言われている状況でもありました。

でも、寒がり屋の私が暑く感じたので、或いは鳥が水浴びに来るかもと淡い期待を抱いていました。

正午頃に明るくなって、鳥が少し出て来ました。

そんな中に、オオルリの幼鳥が2度出て来ました。

余り良い絵が写せませんでしたが、期待していなかっただけに、満足な気分になりました。


d0334291_15290430.jpg

d0334291_15291973.jpg
非常に分かり難いアングルですが、縦姿勢で止まっているので、オオルリの幼鳥の様に思います。

かなり幼い感じがしませんか?


d0334291_15293496.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-31 07:00 | Comments(8)

赤城自然園夏の花


シキンカラマツ

 長野、群馬、福島の3県にだけ分布すると言う珍しい花。

私は赤城自然園でしか見たことがなく、自然では見たことがない。

d0334291_16562023.jpg

ヤナギラン

 名前の由来は、「葉が柳に似ていて、花をランに喩えた。」とのこと。

d0334291_16563914.jpg

ソバナ

キキョウ科ツリガネニンジン属で夏咲きシャジンの仲間。

d0334291_16570014.jpg

ハンゲショウ

 半夏生の頃に花を咲かせることに由来すると言う説と、葉の一部を残して白く変化することから、半化粧とする説がある様だ。

d0334291_16572163.jpg

カワラナデシコ

 私の好きな花。

ピンクが多いが、この様に白いものもある。

d0334291_16575170.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-07-30 06:54 | | Comments(3)

ヤブサメの幼鳥


 ノーブラで居ても、長時間姿を見せたり、近くまで来るヤブサメです。

不思議だなぁと思っていたら、警戒心が未だない幼鳥の様です。

青苔の生えた根っ子や丸太に乗ってくれてシメタと思ったのですが、可愛いと言うより貧弱と言った感じがします。

短い尻尾があるので、ウグイス?とも思ったのですが、ネットで調べて見たら、幼鳥にはこの様に短い尻尾がある様に感じます。




d0334291_16471952.jpg

d0334291_16473562.jpg

d0334291_16475073.jpg

d0334291_16480545.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-29 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

今季何度も出会えたアカゲラ


 警戒心の強いアカゲラですが、何故か今季は水場に降りて来ました。

それは7月中旬、湿っとする高温の日でした。

アカゲラが水場に降りて来ると言うことは、それだけ暑かったと言うことかも知れません。
この時は水に浸かる前の綺麗な状態で写せました。




d0334291_14591897.jpg

d0334291_14593415.jpg

d0334291_14594910.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-07-28 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

ミソサザイを写して見たがショボ過ぎる


 水場に野鳥が出ないので、後ろの林に中で囀っているミソサザイを狙って見ました。

サブ機を使ったのですが、APS-CタイプのためISO感度を上げられず、ミソサザイが暗い所にいるのでSS上がらない。

そのため、ブレブレの写真を量産。

それらしいのを選んで見たが、ショボイ写真ばかりで残念。



d0334291_16425708.jpg

d0334291_16431060.jpg

d0334291_16432253.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-07-27 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

今季は野鳥の出が悪い


 例年、夏の間メインにしている水場ですが、今季は野鳥の出が悪い様に感じます。

特に目ぼしい野鳥が出て来ません。

遠い水辺に出て来る野鳥を写しても、ショボイ写真になってしまいます。

従って、水に入る前、枝に止まる野鳥を探したいのですが、広い範囲でしかも葉っぱが茂っていて、簡単には行きません。

そう言った中で、素早く枝止まりの野鳥を沢山見つけて写している鳥友さんがいます。

やはり、ベテランは違うなぁと感心します。


①オオルリ

d0334291_16573233.jpg

②キビタキ

d0334291_16574922.jpg

③クロツグミ オス

d0334291_16580655.jpg

④クロツグミ メス

d0334291_16581913.jpg

⑤シマリス

 野鳥が出て来ない時はシマリスに遊んで貰います。

d0334291_16583355.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-07-26 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

オオルリ、キビタキ対シジュウカラの睨めっこ


 左奥がオオルリ、左手前がキビタキ、右にシジュウカラが居て睨めっこしています。

さて、勝ったのは?

d0334291_15105349.jpg

答はmoreで。






More
[PR]
by itohnori2 | 2017-07-25 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

久しぶりのセンダイムシクイ


 何故かこの時期は鳴かない様に思います。

それで同定するのが、難しいのですが、ボツにした写真の中に頭央線がありましたので、センダイムシクイに間違いないと思います。



d0334291_14421983.jpg

d0334291_14423529.jpg

d0334291_14425133.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-07-24 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

クロツグミ


 例年、水辺に降りたクロツグミは沢山写せるのですが、ショボイ写真になるので飽きてしまいます。

今季は木止まりを写す機会が何度かあり、気に行った写真が何枚か写せました。



d0334291_15101995.jpg

d0334291_15110062.jpg

赤い実を咥えていますが、付近に赤い実のなる木が見当たりません。

何の実なのでしょう?


d0334291_15132145.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-23 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

キビタキの幼鳥とオオルリの幼鳥は見分け難い


 キビタキの幼鳥の積りで写して来たのですが、良く見るとオオルリ メスの幼鳥が混じっていました。

非常に見分け難いのですが、キビタキは横姿勢で止まり、オオルリは縦姿勢で止まるので、それを目安に同定しました。

①キビタキ

d0334291_16142791.jpg

②キビタキ

d0334291_16144014.jpg

③オオルリ

d0334291_16145137.jpg

④オオルリ

d0334291_16150416.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-07-22 07:12 | 野鳥