アカハラの幼鳥はクロツグミのメスタイプに似ているが


 アカハラの幼鳥は、クロツグミのメスタイプと区別が付かないと言う話を聞きます。

嘴の色を見比べれば、一目瞭然です。

参考までに、⑤にクロツグミを載せて置きます。


①アカハラ
d0334291_16492700.jpg
②アカハラ
d0334291_16495012.jpg
③アカハラ
d0334291_16500330.jpg
④アカハラ
d0334291_16502169.jpg
⑤クロツグミ
d0334291_16503784.jpg




[PR]
# by itohnori2 | 2017-08-14 07:29 | 野鳥 | Comments(6)

水場のキビタキ


 moco-yamaboushiさんが、コマドリの幼鳥をアップしておられた。

良く見ると区別出来るのだが、キビタキの幼鳥に良く似ている。

私が行く水場でも、以前埼玉のブロ友さんが写したことがあったので、「或いは」と思って期待しているのだが、写せるのはキビタキの幼鳥ばかり。

たまに、オスの成鳥が出て来るのが救い。


d0334291_11254967.jpg

d0334291_11261002.jpg

d0334291_11262399.jpg

d0334291_11264017.jpg

d0334291_11265420.jpg

d0334291_11271880.jpg





[PR]
# by itohnori2 | 2017-08-13 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

オットット!


 タイトルから想像すると、飲み込むのに失敗した様に見えますが、そうではありません。

野鳥は、こんな風に実や種を吐き出すことが良くあります。



d0334291_16390057.jpg

d0334291_16391418.jpg




[PR]
# by itohnori2 | 2017-08-12 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

水場のクロツグミ


 メインとしている水場では、毎年飽きるほどクロツグミを写せるのですが、遠くて絵になりません。

今回の場所は鳥が出て来る場所が近いので、写せれば良い絵になります。

しかし、警戒心の強い野鳥は水辺に近づいても素通りしてしまいます。

クロツグミ オスの成鳥は特に警戒心が強くて、この場所ではまともに写せたことがありませんでした。

しかし、今年は何故か水辺に良く降りて来て写させてくれます。



d0334291_19425496.jpg

d0334291_19430894.jpg

d0334291_19432112.jpg



[PR]
# by itohnori2 | 2017-08-11 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

メボソムシクイ初撮り


 ベテランバーダーさんと二人でいると、ムシクイが降りて来ると言います。

降りて来たムシクイを写して見ると、頭央線がありません。

下嘴も山吹色ではありません。

センダイムシクイではなさそうです。

ベテランバーダーさんはメボソムシクイだと言います。

エゾムシクイの可能性は?と質問すると、エゾムシクイはもっと小さいとのこと。

 家に帰って、図鑑で調べて見ました。

下嘴の下側が黒色。

お腹の尻尾近くに黄色味がある。

脚が肉褐色。

などから、メボソムシクイに間違いない様です。

メボソムシクイとすると、初撮りです。



d0334291_19363634.jpg

d0334291_19365815.jpg

d0334291_19371744.jpg

d0334291_19372991.jpg

d0334291_19374344.jpg




[PR]
# by itohnori2 | 2017-08-10 07:00 | 野鳥 | Comments(8)