タグ:アトリ ( 24 ) タグの人気記事

警戒するアトリ


 市内の公園の池で野鳥を待っていると、エナガの群れがやって来ることは前にも書きました。

それに混じって他の野鳥もやって来ることがあります。

アトリもやって来るのですが私がいるためか、木の上に居るだけで池に降りて水を飲むことはありません。



d0334291_16140425.jpg



d0334291_16141243.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-03-29 07:12 | 野鳥 | Comments(10)

アトリ


 アトリは警戒心が強くて、群れていて1羽が飛び立つと全部一斉に飛び立つことが多い。

しかし、この時期になると群れから少し離れているものも居て、そう言うのに限って少し鈍感なことがあります。

今回はそんなアトリをかなり近くから写せました。



d0334291_14333087.jpg

d0334291_14334375.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-03-18 07:31 | 野鳥

今季はアトリが豊作


 “大群をなして移動することから集鳥(あつとり)と呼ばれ、後に音が詰まって「あとり」になったのだろう。”

Gogo3jihhさんの記事にありました。

今季はそんな大群に何回も出会うことが出来ました。

私にとっては今季のアトリは大当たりでした。

d0334291_17124278.jpg

しかし、今は小群に分かれて、1羽だけ大きく写せることがあります。

d0334291_17134431.jpg
d0334291_17141726.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-03-01 08:52 | 野鳥

アトリの飛翔する風景


 アトリの群れが見られなくなったと思っていたら、里山の蕎麦畑に移動していました。

蕎麦畑は見晴らしが良くて、赤城山の全貌が見られます。

d0334291_15090229.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-02-26 08:48 | 野鳥

アトリは小群に分かれた


 大きな群れで行動していたアトリですが、

d0334291_09115213.jpg

小群に分かれたり、カワラヒワに混じったりする様になりました。

警戒心が強くて相変わらず写し難いのですが、それでも小群に分かれたアトリの方が少し写し易い様に感じます。

d0334291_09130985.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-02-19 08:14 | 野鳥

アトリとカワラヒワの混群の飛翔


 単独の群れで行動していたアトリとカワラヒワが混じり合って行動しています。

田んぼに降りて餌を啄んでいるのですが、何かの拍子に1羽が飛び立つと、皆一斉に飛び立ちます。



d0334291_09293456.jpg


d0334291_09302099.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-02-09 08:14 | 野鳥

群れ飛ぶアトリ


 前回アップしたのと同じ場所です。

田んぼに降りたアトリが何かの拍子に飛び上がります。

何羽いるのでしょうか?

根気の良い方、数えて見て下さい。(笑

未だ本調子でないため、コメント欄を閉じさせて頂いております。

皆さんのブログには不定期になりますが、少しずつ訪問させて頂きたいと思っております。

前回“イイネ”を非表示にしたため、“最近のアクティビティ”の奥を探してイイネを頂きご迷惑をお掛け致しました。

申し訳ありませんでした。



d0334291_17203609.jpg

d0334291_17205500.jpg

d0334291_17211181.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-01-24 17:24 | 野鳥

アトリの居る風景


 里山の麓、田んぼとの境に桜の木があります。

その木にアトリの群れがやって来ました。

背景に冠雪の武尊山を入れて写して見ました。

 未だ本調子でないため、コメント欄を閉じさせて頂いております。

皆さんのブログには不定期になりますが、少しずつ訪問させて頂きたいと思っております。


d0334291_16322102.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-01-22 16:35 | 風景

カシラダカ今季初撮り


 里山に冬鳥がいないのは気温が高いため?

「それならば、標高600mにある公園ならばいるのでは。」と、思って出かけて見ました。

いつも行く、蓮池の傍に行って見たのですが、鳥の気配なし。

 公園内を回って探して見ると、アトリの大群が居ました。

しかし、遠くからでも私の姿を見ると逃げ去ってしまいます。

昨秋に池で沢山写したので、執拗に追いかける気にならず、高い枝に止まった群れの証拠写真だけで止めました。

d0334291_20022554.jpg



 そして、歩いていると、地面から飛び立った鳥がいます。

「多分ホオジロだろう。」と思いながら、かなり遠くの枝に止まったのを写して見ると、ミヤマホオジロのメスでした。

これ1枚しか写せず、周りを探しても見当たりませんでした。

d0334291_20025042.jpg



仕方なく、蓮池に戻って立ち止まっていると、近くのモミジの木に何か止まりました。

写して見ると、カシラダカでした。

今季初撮りです。

例年カシラダカは掃いて捨てるほど居るのですが、今季は少ない様に感じます。


何方かのブログで、「カシラダカは絶滅危惧種に指定された。」と言う記事を読んだ記憶があります。

追記)

IUCN(国際自然保護連合)が2016128日に発表したレッドリストの2016年版の中で、カシラダカが、絶滅危惧II類(VU)に位置づけられた。


日本での鳥類標識調査によるモニタリング結果を含む論文で、過去30年の間に75‒87%もの個体数が減少したことが明らかにされたとのことです。




d0334291_20030931.jpg



[PR]
by itohnori2 | 2017-01-06 07:00 | 野鳥 | Comments(7)

2016年を振り返って(10・11・12月編)…マミチャジナイ、アトリなど


 ブロ友の皆さん、今年は私の拙いブログを訪問頂き、沢山のイイネと素敵なコメントをありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

既に何度か説明していますが、12月には今年1年を振り返って見ることにしています。

今回は10・11・12月分を纏めてアプ致します。



 10月には、200羽以上居たと思われるアトリの大群がやって来ました。

鳴きながら水辺に降りて来たのですが、暗い場所の上に落ち葉があって、同系統の色のアトリが分かる様に写せませんでした。

それでもカナシデの実を食べるところや飛翔シーンを写すことが出来ました。

d0334291_16221748.jpg
d0334291_16224299.jpg


 11月には思わぬ嬉しい出来事がありました。

写したくて仕方なかった憧れのマミチャジナイを偶然ですが、写すことが出来ました。

d0334291_16231824.jpg


 12月には、ジョウビタキと紅葉のコラボを写すことが出来ましたし、例年通りルリビタキとビンズイを写すことが出来ました。

d0334291_16235551.jpg
d0334291_16241934.jpg

d0334291_16243752.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-12-31 07:00 | 野鳥