タグ:オオルリ ( 38 ) タグの人気記事

慎重に、慎重に(2ショットシリーズ)


 2回続けて鳥の名前を間違えた記事を書いてしまいました。

エゾビタキかサメビタキかの区別は初心者ならば、分からなくても仕方ない様に思いますが、ノビタキをモズと間違えてしまうなど、恥ずかしい限りでした。

だからと言って、慎重にやる性格ではなくて、早とちりする性格のため、今後も間違いが多いと思いますのでよろしくお願い致します。

エゾビタキを写していると、2羽が同じ画面に入って来てラッキーと思いました。

しかし、後ろの鳥にピントを合わせると、エゾビタキではありません。

横姿勢で止まっているのでキビタキと思いましたが、どう見てもオオルリのメスですよね。
渡りの途中で立ち寄ったものと思われます。

いつも写している場所と異なる場所では、途端に分からなくなります。


d0334291_15552122.jpg

d0334291_15554162.jpg

こちらの2羽はエゾビタキで間違いないでしょう。


d0334291_15563689.jpg

d0334291_15565273.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-10-13 07:00 | Comments(10)

未だ居るの

動物とわたし

 キビタキと思って写して来ましたが、縦姿勢で止まっているので、オオルリの様な気がします。

ナナカマドの実を眺めていますが、食べに来た訳ではなさそうです。

ほぼ、同じ場所にオオルリのオス若が出たのですが、私は写せませんでした。(涙

キビタキは例年遅くまで残っているのですが、オオルリが未だ居るとは驚きです。



d0334291_16563970.jpg

d0334291_16565657.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-10-02 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

遠くて、暗い(2ショットシリーズ)

動物とわたし

 “遠くの水辺に、オオルリの親子”と思ったら、オオルリの若(右)とキビタキ(左)でした。



d0334291_16461712.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-09-28 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

写さないの?

動物とわたし

 今回で3度目にお会いしたバーダーさん。

隣同士のブラインドの中で、話をしながら楽しく写させて頂きました。

しかし、「キビタキ若が出ましたね。」と言うと、「そうですね。」と言う返事があるもののシャッター音が聞こえません。

私と同じくキビタキ若は写し飽きたのかなと思っていたのですが、「オオルリ若が出ましたよ。」と言うと、「そうですね。綺麗ですね。」と言う返事があるものの、シャッター音が聞こえません。

何か別の鳥を狙っているのかなと思いました。

かなり経ってから、「シャッター音が聞こえませんが、動画でも写しているのですか?」と聞いて見ました。

すると、デジスコにコンデジを組み合わせて使っているとの返事。

確かに、コンデジにはシャッター音が小さいものがあります。

直ぐ隣に居る私が聞こえないのだから、シャッター音に驚いて野鳥が逃げると言うことは無さそうです。

①オス若

d0334291_16433835.jpg

②オス若


d0334291_14205023.jpg

③メス

d0334291_16440400.jpg


④メス
  真後ろを向いています。
 これだけ、首が回ったら金欠病にはならないかも。(笑

d0334291_14223530.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-09-14 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

これなら分かり易い(2ショットシリーズ)


 オオルリのメスとキビタキのメスタイプの区別が難しい。

オオルリ縦姿勢、キビタキ横姿勢と言われるが、下の写真では真逆。

しかし、大きさの違いから分かりますね。



d0334291_15364456.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-09-02 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

オオルリの成長過程が分かります


 今回、一日違いでオオルリの斑のある若と、無い若が写せました。

斑の無い若は以前紹介した斑のあった若が成長したものと思います。

斑のある若は、それより遅く孵った2番子と思います。

①一番子(斑の無い若)

d0334291_17234490.jpg

②一番子

d0334291_17235704.jpg

③二番子(斑のある若)

d0334291_17241945.jpg

④二番子

d0334291_17243347.jpg

⑤二番子

d0334291_17244478.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-08-29 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

色物が欲しい


 一昨日は、「一日中曇」の予報。

ここのところ、雨ばかりでストレスが溜まっていたので、降らないのであればと水場に出掛けた。

着いた時は霧が立ち込めていて、暗くて鳥が出て来ても見えないほど。

その後少し晴れ間が見えて来たので、安心していると小雨が降り出した。

ブラインドを畳むと止むので、また広げて撮影に入る。

すると、また降り出す。

こんなことを繰り返していると、正午頃には真っ暗。
スマホで雨雲の動きを見ると、近づいて来ている様に見える。

仕方なく撤収しました。

その間、出て来た鳥は色の無いものばかり。

午後2時頃になって、鳥友さんから電話があり、水場周辺は晴れ間が見えているとのこと。

早く諦め過ぎたのかなと、チョッピリ残念な気持ち。


キビタキ 幼鳥

 コサメビタキの幼鳥に似ていますが、コサメビタキは下嘴の基部がヤマブキ色です。

d0334291_14571130.jpg

d0334291_14572882.jpg

クロツグミ 幼鳥

 14日の記事でクロツグミの嘴は黄色と書きましたが、中にはこの様に黄色でない個体がいます。

d0334291_14581696.jpg


オオルリ メス 幼鳥

 メスはキビタキと区別が付き難いのですが、これははっきりオオルリとわかりますね。


d0334291_14583975.jpg

ヤマガラの幼鳥

 7月10日にヤマガラの幼鳥を載せています。

あの時の個体はもっと成長していると思います。

これは2番子の様です。

d0334291_14592951.jpg



[PR]
by itohnori2 | 2017-08-21 06:55 | 野鳥 | Comments(6)

オットット!


 タイトルから想像すると、飲み込むのに失敗した様に見えますが、そうではありません。

野鳥は、こんな風に実や種を吐き出すことが良くあります。



d0334291_16390057.jpg

d0334291_16391418.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-08-12 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

背中の斑模様が無くなったオオルリ オスの若


 ①~③は8月5日に写したものです。

背中の斑模様が殆ど分からなくなっています。


d0334291_10072052.jpg


d0334291_10073866.jpg

d0334291_10075196.jpg

 ④~⑤は7月31日に写したものです。

未だ、背中の斑模様がはっきり見えます。

同じ個体との確証はないのですが、ここに何個体も居ることは考えられないので、同じ個体の確率が高いです。

5日間くらいで、こんなに変わるのですね。


d0334291_10080915.jpg

d0334291_10082207.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-08-07 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

こんなシーンは貴重かな


 オオルリ オス若とキビタキ オス1年生が偶然同じ枝に止まりました。

こんなシーンには滅多に出会えない様に思います。



d0334291_14564310.jpg

d0334291_14565857.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-08-04 06:55 | Comments(8)