タグ:カヤクグリ ( 6 ) タグの人気記事

カヤクグリが近くで写せた


 地味なカヤクグリですが、以前の記事に「当地方では人気のある鳥だ。」と言うコメントを頂けたブロ友さん何人かおられました。

私が写した現場に居たのは猛禽狙いのバーダーさんでしたので、小鳥には余り興味の無い方々だった様です。

そのカヤクグリですが、今回は近くで写せました。

似て非なる枝止まり写真が5枚、飛び出す瞬間が3枚写せました。

同じ様な写真を張り付けるのはどうかなぁと思いましたので、2枚に絞りました。

以前紹介したことがありますが、ブログに貼り付ける枚数は3~4枚が丁度良いとのこと。

2枚では、少ないのかなぁ。



d0334291_16334278.jpg

d0334291_16340134.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2018-01-17 07:00 | 野鳥 | Comments(14)

地味な鳥ですが…カヤクグリ


 「カヤクグリを写した。」と言ったら、周りにいたバーダーさんが、「どんな鳥?」と言って集まって来た。

「地味な鳥だねぇ。スズメみたいだ。」と言います。

全く同感。

でも、MFでは余り写せない鳥なので、写せると嬉しくなります。



d0334291_17070475.jpg

d0334291_17071729.jpg

d0334291_17073136.jpg

d0334291_17074512.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2018-01-12 07:00 | 野鳥 | Comments(14)

2016年を振り返って(2月編)…トラツグミとカヤクグリ

 12月になると、隠居GGEにも野暮用が増えて野鳥撮影に出られないことがあります。

また、12月はMFでは野鳥が少なくて写せない時期でもあります。

従って、ネタ不足になります。

そのため、毎年12月になると、1年を振り返って見ることにしています。

一度、貼り付けた写真が多くなりますが、お付き合い願えれば幸いです。

 1月下旬に少しだけ積雪がありました。

余り期待出来ないなぁと思いながら里山に行ってみると、思いがけずトラツグミに出会えました。

それも、ある程度長い時間写させてくれました。

地面にいることが多いトラツグミですが、枝や切り株の上に乗ったのを写せて良かったです。

d0334291_19273167.jpg
d0334291_19274961.jpg


数日後、残雪の近くでカヤクグリを写すことが出来ました。

地味な鳥ですが、滅多に写せないので、嬉しい出来事でした。


d0334291_19283761.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2016-12-04 07:00 | 野鳥 | Comments(10)

また、カヤクグリ

 カヤクグリを見つけたが、フェンスの上。

これでは絵になりません。

d0334291_19271189.jpg

 近くの木に止まってくれと、願っていると傍のモミジの木に止まりました。

しかし、枝被り。

枝が邪魔してピントが合いません。

何処か良い所へ移らないかと、期待しているうちに、ダム湖の堤防の底の方へ下りてしまいました。

そこでも枝や葉っぱが邪魔しています。

枝や葉っぱの間を狙って写したのが、下の②~④です。


d0334291_19280242.jpg

d0334291_19281072.jpg

d0334291_19281987.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-02-15 07:00 | Comments(14)

撃沈覚悟も、カヤクグリに救われる

 近くの里山には野鳥が居なくなりました。

山道を2kmほど登って見たのですが、野鳥が居ません。

「今日も駄目かな」と思って帰ろうとしたのですが、トラツグミを写した場所まで行って見ようと気を取り直して歩きました。

すると、藪の前の木に何か小鳥がいます。

「ウグイスかな」と思って見たのですが、その前の地面に見慣れない鳥が。

良く見るとカヤクグリではありませんか。

少し先に、残雪があります。

「そこへ乗ってくれ!」と期待したら、その通りになりました。

このフィールドでは思いもよらない出会いがあるので、頻繁に出掛けてしまいます。

 カヤクグリは地味な野鳥ですね。

ホオジロの方が余程綺麗かも知れません。

しかし、ホオジロは当地では漂鳥で、年中見られるので写しません。

カヤクグリは滅多に見られない野鳥です。

その違いだけで、野鳥の価値が決まってしまう。

勝手なものですね。


d0334291_16244569.jpg

d0334291_16245281.jpg

d0334291_16245904.jpg

d0334291_16250863.jpg

d0334291_16251502.jpg









[PR]
by itohnori2 | 2016-02-08 07:00 | 野鳥 | Comments(18)

2015年を振り返って(1月度編)

12月になると隠居G3にも野暮用が出て来ることがあります。

また、この月は何故か野鳥が写せない月でもあります。

従って、貼り付ける写真が不足して来ます。

そこで、毎年12月になると1年を振り返って見ることにしています。

一度アップした写真が殆どですが、お付き合い願えれば幸いです。


①オシドリ

  マイフィールドの砂防ダム湖で初めてオシドリを見付けたが、遠くてやっと分かる程度。

しかし、短いレンズしか持っていなくて、証拠写真しか写せませんでした。

  次の日、大砲を持って勇んで出かけたのですが、既に抜けていました。

d0334291_19353690.jpg

②ミヤマホオジロ

 里山を車で移動中に、思わぬ所でミヤマホオジロの群れに出会いました。

 数羽の群れでしたが、暗い草叢の中で餌を漁っていました。

 移動中の様で次の日にはいませんでした。

d0334291_19360413.jpg

③トラツグミ

朝からどんよりとした曇り空で、寒そうな日。

こんな日には野鳥は出ないだろうなと思いながら里山に行って見ると、遠くにトラツグミが居るのを見つけました。

トラツグミは暗い所の方が好きな様ですね。

d0334291_19521450.jpg

④カヤクグリ

トラツグミを写して少し歩いて行くと、足元から飛び立って直ぐ近くの木に止まった鳥がいます。

カヤクグリでした。

それにしても、被っている短い枝を剪定鋏で切り落としたいところです。

d0334291_19523956.jpg

⑤アトリ、カシラダカ、カワラヒワの生る木

S公園は自宅付近よりも標高が400mほど高いので、気温が4℃ほど低い計算になります。

寒くて、長時間いられません。

蓮池の水も凍ってしまっていましたが、上の3種の鳥が同じ木に止まっていました。

d0334291_19525954.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2015-12-14 07:00 | 野鳥 | Comments(20)