ムギマキは麦を撒く頃に見られる鳥と思っていたのですが


 この鳥が現れて写して居る時は、「ヤッター。コマドリ初撮り!」と喜んだのですが、写した後冷静になって見ると、ブロ友さんが載せているコマドリと、姿が違うことに気が付きました。

とすると、キビタキの若?

でも、顔がメスに似ているものの、オスの顔とは全然違います。

家に帰って図鑑で調べて見ると、オジロビタキのオスに似ている。

しかし、喉元のオレンジ色の部分が広すぎる。

そこで、鳥くんさんに教えを乞いました。

返って来た答えは、“ムギマキ”。

初心者の私には、「麦を撒く頃に見られるからムギマキ。」と言うくらいの知識しかありません。

それが、鳥くんさんによれば「今シーズン、関東のあちこちで見られている。」とのこと。

私には、ムギマキはキビタキ オスと良く似た鳥と言う印象しかありません。

鳥くんさんも迷われた様ですが、“第1回夏羽(生まれた翌年の春の換羽の羽衣)”のオスと回答頂きました。

何れにしても、MFでは見られないと思っていたムギマキを初撮り出来て、喜びが大きいです。



d0334291_17295502.jpg

d0334291_17300876.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2016-05-11 07:00 | 野鳥

珍しい野鳥でなくても、珍しいシーンが写せれば良いと思っています。


by itohnori2
プロフィールを見る
画像一覧