タグ:エゾビタキ ( 18 ) タグの人気記事

2017年を振り返って…8月編、9月編


皆さん、今年は素晴らしいお写真を見せて頂きましてありがとうございました。

また、沢山のイイネや素敵なコメントとを頂いたことに感謝しております。

来年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

既に何度か説明していますが、毎年12月になると、1年を振り返って見ることにしています。

一度、貼り付けた写真が多くなりますが、お付き合い願えれば幸いです。


NANADSKさんの記事によれば

 「以前読んだことの有る統計に依ると ブログに写真6枚以上貼ると全部をスルーして見ない人が多いそうだ

丁度良いのは3-4枚との事(一枚は少なすぎ)それはそうだ 似たような写真を7枚も8枚も忙しい身で見られない

しかし文章が長い人のブログは文章をスルーし写真は良く見るそうだ 」

とありました。

全く同感で、普段は出来るだけ、3~5枚に収めているのですが、今回は11枚になってしまいました。

文章も長い!

お忙しい方はスルーして下さい。



[8月]

 8月も巣立った幼鳥が見られる月です。

オオルリの幼鳥とキビタキの睨めっこ、ウグイスの幼鳥、キビタキの幼鳥のいがみあい?などが写せました。

d0334291_14481936.jpg
d0334291_14484489.jpg
d0334291_14485921.jpg

 嬉しかったのはコルリの枝止まりが写せたことでした。

コルリは藪の中から歩いて水場に来て、歩いて帰ると言うシーンしか見ていなかったので、枝止まりは初めてでした。

d0334291_14491354.jpg

お盆の頃に、渡り途中のサンコウチョウが水場に現れることがあります。

渡る時は長い尻尾を落としているので、オスかメスか区別が付きません。

水場に降りて来るのを期待したのですが、シャッター音に驚いたのか降りずに逃げ去ってしまいました。

d0334291_14492930.jpg

[9月]

 9月にはお山に居る夏鳥の親は移動を始めるため、少しずつ野鳥の数が減って行きます。

そんな中で、嬉しい出来事がありました。

撃沈かなと思ったところでマミジロのメスを写すことが出来たのです。

この夏はマミジロとトラツグミは不作で、トラツグミはMFで写した人を知りませんし、マミジロは私の他に一人しか写している人を知りません。

メスですが、これには気を良くしたものです。

d0334291_14514707.jpg

狙いの青苔とキビタキ オスのコラボ、ヤブサメのコラボが写せたのも嬉しい出来事でした。

d0334291_14530721.jpg

d0334291_14532116.jpg

そして、移動途中と思われるメボソムシクイとキビタキのコラボが写せました。

d0334291_14535283.jpg

下旬になると、公園にエゾビタキが現れました。

d0334291_14541209.jpg

近くの蕎麦畑にノビタキも現れました。

9月にはノビタキと蕎麦の花のコラボは写せませんでしたが、10月になって何とか写すことが出来ました。

d0334291_14543030.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-12-31 07:00 | 野鳥

エゾビタキを写すのはこれが今季の最後?


 18日は一日晴れていたので、市内の公園に冬鳥が来ていないか様子を見に行きました。

しかし、冬鳥は見当たらず、エゾビタキが一度だけ顔を見せてくれました。

エゾビタキを写すのも今季はこれが最後の様な気がします。

冬鳥が来ないと、ネタ不足になりそうで、留鳥、漂鳥に期待するしかありません。

その漂鳥のカケスがは空を飛翔しているのですが写せずにいると、一度だけドングリを食べに木に止まったのを写すことが出来ました。



d0334291_16475621.jpg

d0334291_16481418.jpg

d0334291_16483260.jpg

d0334291_16484685.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-10-21 07:00 | 野鳥 | Comments(6)

ラッキーなエゾビタキとドジな赤とんぼ


 交尾中の赤とんぼを捕まえたエゾビタキです。

下の赤とんぼは逃げる積りなら逃げられると思うのですが、…。



d0334291_11060406.jpg




[PR]
by itohnori2 | 2017-10-14 07:00 | 野鳥 | Comments(4)

慎重に、慎重に(2ショットシリーズ)


 2回続けて鳥の名前を間違えた記事を書いてしまいました。

エゾビタキかサメビタキかの区別は初心者ならば、分からなくても仕方ない様に思いますが、ノビタキをモズと間違えてしまうなど、恥ずかしい限りでした。

だからと言って、慎重にやる性格ではなくて、早とちりする性格のため、今後も間違いが多いと思いますのでよろしくお願い致します。

エゾビタキを写していると、2羽が同じ画面に入って来てラッキーと思いました。

しかし、後ろの鳥にピントを合わせると、エゾビタキではありません。

横姿勢で止まっているのでキビタキと思いましたが、どう見てもオオルリのメスですよね。
渡りの途中で立ち寄ったものと思われます。

いつも写している場所と異なる場所では、途端に分からなくなります。


d0334291_15552122.jpg

d0334291_15554162.jpg

こちらの2羽はエゾビタキで間違いないでしょう。


d0334291_15563689.jpg

d0334291_15565273.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2017-10-13 07:00 | Comments(10)

水場のエゾビタキ


 昨日は午前中曇で午後から雨の予報でしたので、雨が降らないうちに撮影に出掛けました。

ノビタキのポイントにはCMは一人もいませんでした。

車で回っていると、ノビタキを1羽見つけましたが、直ぐに見えなくなってしまいました。

ノビタキが狙いではなかったので、そのまま市内の公園に行きました。

ポイントに着くと、散歩の人が一人、歩き回っています。

今日は写せないなと思っていましたが、その人が去ると、イカルの姿が見えました。

遠くからイカルを写せたので、近くから写したいと思って場所を変えて、待っていましたが、イカルは私の姿を見掛けると、タッチ・アンド・ゴー。

しかし、エゾビタキが現れて大サービスしてくれました。

エゾビタキはいつもこんなサービスをしてくれる訳ではないのですが、年に1度くらいはこの様なことがあります。



d0334291_16493940.jpg

d0334291_16495351.jpg

d0334291_16501158.jpg

d0334291_16502732.jpg


おまけは フユノハナワラビです。

 この公園では今まで見かけたことがなかったので、見付けた時は嬉しかったです。


d0334291_16504200.jpg







[PR]
by itohnori2 | 2017-10-07 07:00 | 野鳥 | Comments(10)

何が幸いするか


 9月25日にアップしたエゾビタキはお散歩セットで写したので、大砲で写したいと思ってその場所へ行ってみました。

車から降りて確認すると2~3羽居ます。

シメタと思いながら、カメラの準備を始めました。

すると、エンジン音が!

ドローン?!

見ると、近くのキャンプ場で掃除をしていました。

エゾビタキは、当然のことながら、何処かへ行ってしまいました。



 仕方なく、例年見られる場所へ移動して見ました。

すると、鳥影が。

多分、エゾビタキ。

急いで、カメラを準備して写しましたが、こちらの方がエゾビタキの数が多い。

そして、次から次へと現れます。

ヘボな私なので、お散歩セットと大して変わらない写真となりましたが、色々なロケーションで写せただけ良かった様に思います。

中に、コサメビタキと思われる個体が混じっていましたが、ネタ不足の折次回に回します。



d0334291_16365716.jpg

d0334291_16371420.jpg

d0334291_16372849.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2017-10-01 07:00 | 野鳥 | Comments(10)

エゾビタキ、今季初撮り


 昨日はエゾビタキ狙いで市内の公園に行きました。

が、例年見られる所には気配なし。

仕方なく、健康のために公園内を歩くことにしました。

この公園は山の斜面にあるので、坂が多くて歩くのが大変です。

それでカメラを持たないで歩いたのですが、思いもよらない所にエゾビタキらしい影が。

車に戻ってから、家に帰ろうかとも思ったのですが、ダメ元でその場所に行って見ました。

すると、ラッキーなことに未だ居ました。

かなりの台数の車が停まっている駐車場なので、大砲を使えなかったのが、残念。



d0334291_16081304.jpg

d0334291_16082794.jpg

d0334291_16084116.jpg





[PR]
by itohnori2 | 2017-09-25 07:00 | 野鳥 | Comments(10)

2016年を振り返って(9月編)…オオルリ、キビタキ、エゾビタキ、ノビタキ


既に何度か説明していますが、12月には今年1年を振り返って見ることにしています。

9月には、ガセネタで大勢のバーダーさんが踊らされた事件がありました。

MFの池に珍鳥コウライウグイス飛来したと言う情報でした。

それも、地元で無く隣の県で広まり朝早くから、隣の県のバーダーさんが来ました。

いつも一番乗りする鳥友さんが、朝早く到着したのに、既に満員状態で知り合いにやっと割り込ませて貰ったと言うほどの混雑ぶり。

私の所にも何人かの方から問い合わせがありました。

しかし、当然のことながら、居ない珍鳥は誰も写すことが出来ませんでした。

 その池では、オオルリやキビタキの巣立ち雛が写せました。
①オオルリ 親子

d0334291_19432736.jpg

②オオルリ 若とキビタキ 若

d0334291_19442631.jpg




 そして、市内の公園にはエゾビタキが飛来しました。

しかし、飛来数が少なく写せる機会は僅かでした。


d0334291_19452069.jpg




 又、近くの里山にある蕎麦畑にノビタキが飛来しました。

ノビタキは10月中旬まで楽しむことが出来ました。


d0334291_19460125.jpg











[PR]
by itohnori2 | 2016-12-29 07:00 | 野鳥

羽を広げたエゾビタキ


 市内の公園で、エゾビタキを探しているのですが見当たりません。

そうこうしているうちに、エナガの群れがやって来ました。

それを追掛けて写していると、水から飛び上がる鳥がいます。

写して見るとエゾビタキ。

エナガの群れに混じっていた様です。

野鳥なので水浴びするのは当たり前なのでしょうが、エゾビタキの水浴びは初めて見ました。


d0334291_11042363.jpg






[PR]
by itohnori2 | 2016-10-22 07:00 | 野鳥 | Comments(8)

アカトンボを捕食するエゾビタキ


エゾビタキが枝から空中に飛び出して、直ぐに枝に戻りました。

写して見ると、アカトンボを咥えていました。

捕食シーンは余り好きではありませんが、アカトンボならば何とか見られる様な気がします。

枝被りなのが残念です。



d0334291_09505177.jpg

d0334291_09510487.jpg

d0334291_09511632.jpg








[PR]
by itohnori2 | 2016-10-02 07:00 | 野鳥 | Comments(16)

珍しい野鳥でなくても、珍しいシーンが写せれば良いと思っています。


by itohnori2
プロフィールを見る
画像一覧